2012年 07月 30日
平舘キャンプ


a0246456_5492887.jpg





友人グループに誘われて平舘へキャンプに行って来ました。

青森県人でありながら、この”平舘”という地名(現:外ヶ浜町)、
このとき初めて聞きました。

まだまだ自分の知らない青森、たくさんありそうです。




途中、青森市内に立ち寄ってラーメンブレイク。
煮干ラーメンで有名な「マルカイ」にて。



煮干の出汁なので、あっさりしているかと思いきや、意外にコクがありました。
「中」のサイズを注文したのですが、けっこうな量でした。

わりと酸味も強く、ここのラーメン、
「大好き!」という人と「ちょっと苦手・・・」という人に
見事に分かれるそうです。

ちなみに私はかなり気に入りました(^^)




青森市からも大勢合流して、一同”平舘”まで向かいます。
途中、”今どきこんな漁村が?!”と思うほど、
現世からかけ離れたような何とも懐かしい素朴な光景が拡がりました。






そして本日のキャンプ場。



到着してすぐに男性陣は次々にテントを設置。
女性、子供達は近場のコテージに宿泊なので、荷物を運び・・・・


寝処を確保した後は、屋根のかかった屋外テーブル席にてBBQを開始。

時間も周りも気にせずに、好きなように過ごせるキャンプはやっぱり楽しい♪
普段はアルコールはあまりいける口ではないけれど、
久しぶりに日本の缶チューハイを頂きました。美味しい~(笑)




すぐ目の前は海!!
まだ時期的にとても海に入れるような気候ではなかったけれど(この時は6月初旬)
夏になると大勢の海水浴客で賑わうようです。
砂浜にはたくさんの流木も落ちていました。


アルコールの消費量も多くなるにつれ、ここのブログでは
とてもお見せできないような光景も一部では繰り広げられ(^^:)
それを見ては笑いっぱなし。





陽も落ちてきて・・・・
だんだん気温も下がり、寒くなってきます。





この後、暗くなってきたら近くの灯台にも
煌々とした灯りがともり始めました。






キャンプファイヤーの周りで暖をとり、そのまま砂浜に寝転がって寝てしてしまう人、
ギターの弾き語りで歌う人、花火をする人、それぞれが好きなように夜を過ごしました。

夜遅くになって雨が強く降りだしてきたため、
男性陣もコテージに移動し、1階のリビングの床でそのままごろ寝(^^:)
私たち女性軍とその子供達は2階のお布団で♪


次の朝起きてみると、あいにくの雨・・・。
朝食を食べ、後片付けをした後チェックアウト。



******************



三沢に帰る途中、ランチブレイクを兼ねて
皆でまた青森市に立ち寄っていく事に。

アウガの地下市場にまず行き・・・。





皆で筋子やタラコをそれぞれ購入。私も母にタラコをお土産に。
こんな美味しいタラコをこんなに安値で買えるなんて、羨ましい~。

 



短大生の頃、よく来ていた古川のニコニコ通り、
今も当時のままで懐かしかった(^^)

途中でこれまた懐かしい味、おやきで有名な浅草焼きを皆で買い食い。
ここのはどれも美味しいけれど、お気に入りは
やはり粒あんとカスタードクリームの入った”2色おやき”かな。
しかも安いんですよ~。
学生でお金のなかった当時も、ここのおやきはよく食べていました。

それにしても古川のニコニコ通りって、
何だか”青森市版・巣鴨”って感じがするのは私だけ?!




さてランチにはまたまたラーメン♪

一昨年の里帰りの際に食べ損ねていた「味噌牛乳カレーラーメン」に挑戦。
これって、いわゆる青森市の”ご当地B級グルメ”らしい。
今では全国的にもけっこう有名で、カップラーメンにもなっているほど。
でも実は食べた事がありませんでした。

 

カレーが入っているためか、スープにちょっと辛味があり、
それを牛乳がまろやかにしている感じで、洋風ヌードルって感じのラーメンでした。
店内は満席で、人気の高さが伺えました。



*************


今回はウチの子供達は参加せず、私一人での参加となりましたが、
とっても楽しく充実した2日間。たくさん笑わせていただきました(^^)

招待してくれて本当にありがとう~♪





[PR]

by tachimayu | 2012-07-30 08:24 | 日本


<< 北海道へ その1       地元で魚介類満喫 >>