人気ブログランキング |
2019年 08月 20日
山形・立石寺へ(その1)


a0246456_14143222.jpg


ずっと行ってみたいと思っていた、山形の立石寺

1,000段を超える長い石段や、登り切った頂上からの絶景が

素晴らしい場所としても有名な山寺(通称)。


ついに行くことが出来ました。

今回の里帰りの中でも、とっても思い出に残る印象深い小旅行だったので

たくさんの写真と共に何回かに分けて紹介したいと思います。



***************************



同じ東北と言えども、太平洋側に面している青森県・三沢から

日本海側の山形県まではけっこうな距離があります。

その距離を今回は車で移動。片道約4時間半の運転です。


東北自動車道を走るのが大大大好きな私は、もうこの日を心待ちにしていました♪

道中食べるオヤツやら飲み物やらたくさん用意して、気分はすっかり遠足に行く子供です。



横田基地に住んでいた頃は、東京ー三沢間を車でよく往復したものです。(片道9~10時間ほど)
長距離運転は確かに疲れるけれど、変わっていく景色を見ながらの運転なので
全く飽きることがなく、むしろ楽しいです(^^)



普段はフラットな土地のフロリダに住んでいて山の景色に飢えている私には、

まるでご褒美のような絶景を楽しみながら運転できるわけですから、

テンション上がりまくり⤴⤴ 鼻歌交じりで運転も絶好調♪

助手席に座ったメーガンも、東北自動車道から見える壮大な山々の景色に圧倒されたり、興奮したり。

気分が良くなって、ついでに一緒に歌を歌ってみたり(笑)。

そして次女ニコールはといえば、またしても後部席で夢の中。 Zzzzz



そんなこんなしているうちに、あっという間に4時間半ほど経ち、立石寺に到着~。

アメリカにいる時から綿密にたてた計画通り、お昼ごろに着きました✌✌


a0246456_14171096.jpg
天候に恵まれた日でした





まずは腹ごしらえを。
a0246456_14135208.jpg
山形名物の玉こんにゃく







a0246456_14135664.jpg
山形のB級グルメ 冷やし肉そば







a0246456_14140094.jpg
出汁そば

きゅうり、ナス、オクラ、ミョウガなどの薬味や夏野菜を細かく角切りにしたのに、
納豆昆布やトロロを加え粘りを出し、出汁醤油で味を調えたものを
山形では”出汁”と呼ぶらしい。それを冷やし蕎麦の上に乗せたもの。
山形に来たら、是非食べてみたい物の一つでした。
(でも材料が揃うなら、もしかして自宅でも作れそうね?!)



意外や意外、夏の最高気温が観測史上日本一になったこともある

暑い山形県ならではのメニューだと思います。





食後は、やっぱり食べてしまうね、ソフトクリーム。

日本のどこへ出掛けても必ずと言っていいほど目につく、ご当地ソフトクリーム。

山形ということで、産地のさくらんぼソフトを食べました。

a0246456_14171523.jpg


a0246456_15125955.jpg






さぁ、腹ごしらえもしたことだし、いざ参りましょう!
a0246456_14165886.jpg










山寺に向かう途中にある日枝神社。長い長い石段が続いています。
a0246456_15273052.jpg






もう少し進むと・・・。
a0246456_15273679.jpg


ようやく山寺の入り口まで来ました。









石段を登っていくと・・・。ブナ材の建築物としては日本最古で、国指定文化財の根本中堂。
a0246456_14140587.jpg





a0246456_14141117.jpg





a0246456_14141665.jpg






a0246456_14330064.jpg

自分の身体のよくない部分を、布袋尊の体に触れることで

良くなるという言い伝えがあるためか、撫でられた跡がピカピカになっていました。










水子供養
a0246456_14142533.jpg







松尾芭蕉の銅像。
a0246456_14143814.jpg

ここ、立石寺は1689年7月13日にこの地を訪れた松尾芭蕉が、あの有名な句、

「閑さや岩にしみ入る蝉の声」 
(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)

を詠んだ場所です。

ちょうど私達が訪れたのは7月2日。同じような季節だったのですね~。








念仏堂

座禅や写経を行う、立石寺の修行道場です。
a0246456_14165181.jpeg

”ころり往生阿弥陀如来”


それぞれの人の寿命がくると、長患いすることなく苦しむことなく

極楽浄土にお迎えくださる、阿弥陀如来として昔から信仰されている仏様です。

いわゆる、ピンピンころりの仏様ということですね。








さぁ、登山口までやってきました。

いよいよここから1,000段以上の石段登りが始まります。
a0246456_14144495.jpg

長くなるので、その2に続きます。




# by tachimayu | 2019-08-20 13:29 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 18日
三沢の美味しいもの(その2)
a0246456_15571982.jpg
御年85歳!!

いまだ現役で、しかもお一人でお店を切り盛り。

「木村食堂」の海苔巻き、稲荷寿司はいつ食べても変わらずに美味しい。

どうぞいつまでもお元気で。


a0246456_15552218.jpg
a0246456_15551695.jpg
何が違うのか分からないけれど、明らかに美味しいお稲荷さんと海苔巻き。

昔から大ファンです♪



******************************************************



前回からの続きです。


今回初めて行ったお店「ファーマーズマルシェ hitotsubu/ひとつぶ」。

珍しい野菜や、それらの野菜を使った加工品などが売られている、地産地消のお店。

a0246456_15562403.jpg
ピンク色のは、ビーツのカレーです。

鮮やかなピンク色をしているけれど、味はしっかりカレーという不思議さ。




a0246456_15563079.jpg
付け合わせのサラダのドレッシングが美味しかったです。

この時期が旬の、赤紫蘇のジュースもさっぱりしていて最高。




____________________________________________





ある時は、「うまいもの屋たかや」で旧友らと食事会。
a0246456_15561990.jpg
80年代に一緒に行ったバリ島旅行の思い出話や、昔のあんなこと、こんなこと。

次から次へとあふれ出てきて、笑う笑う、そしてまた笑う。

も~う楽し過ぎた~~ ヾ(≧▽≦)ノ

食べ物もお酒も美味しかった。最高の夜でした♪


___________________________________________________




ある時は、こんなシャビーシック風な店内のレストラン「あるえっと」へ。

今回、友人らに誘われて初めて行ってきました。
a0246456_18571413.jpg
a0246456_18570756.jpg
a0246456_15570790.jpg
a0246456_15571320.jpg
a0246456_15570095.jpg
ビーフシチューを頂きました。美味しかったです♪

三沢市内の外国人のお客さんの姿も見られました。

Yさん、Mさん、どうもありがとう~、ご馳走様でした♡


___________________________________________




さぁ、そして三沢のソウルフードと言っても過言ではない「赤のれん」のバラ焼き。

おそらく三沢市民なら一度は食べに行ったことがあるはず?!
a0246456_15564479.jpg
ライスを注文すると、大盛りかっ?!と思うほどの大きい丼ぶりで出てくるので

一瞬、”いや、無理だよ~、食べられないよ・・・”とひるむものの、

付け合わせのキムチも美味しくて、それだけで御飯完食出来るかも~?!と本気で思ってしまう。

タレで煮詰まった甘辛い飴色のタマネギと一緒に、

結局は丼ぶり御飯も完食しちゃってるのがいつものパターン(苦笑)。






ここ、炒飯も定食も何でも美味しいけれど、

このシンプルな昔ながらの中華そば(ラーメン)。これがまた良い。
a0246456_15565399.jpg
男女のグループでバラ焼きを食べに来ると、必ず誰かが注文するので

バラ焼きと同時進行で、ラーメンも平らげる。

・・・あの丼ぶりメシを完食しちゃった後でも‼(><)


恐ろしい胃袋に我ながら呆れるやら感動するやら。

私の胃袋はストレッチ素材で出来てるのか、もしかして??

(・・・というか、胃は伸び縮みするから、当然か・苦笑)





「赤のれん」の後は→カラオケと、コースは毎回決まっていて、

皆で強烈な”赤のれんスメル”をぷんぷんさせながら、カラオケ熱唱~♪

楽しい夜は続くのです。



_______________________________________________



何だか”食べログ”風になってきているけれど(^^:)、

食べ物のさほど美味しくないアメリカから(少なくとも私の住んでいる田舎町では・・・)

食べ物の美味しい日本に帰って来ると、それだけでかなりテンションが上がるので

やっぱり食べたものは記録しよう!・・・と思う。



十和田編なども、のちほど♪






# by tachimayu | 2019-08-18 19:34 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 18日
三沢の美味しいもの(その1)

a0246456_15561211.jpg
同級生夫婦が経営している「大山食堂」は、帰省したら必ず食べに行きます。

ここ、お蕎麦や天ぷらはもちろんのこと、鶏のから揚げが絶品です。

肉厚でびっくりするくらいジューシー。噛むと肉汁が出てきますから(笑)



*********************************************************************




東京での怒涛の1週間滞在を終えた後は、故郷・青森の三沢へ移動。

東京では常に”よそ者”気分を味わいながら過ごす私も、

地元・三沢に来ると、ようやく”来るべき場所に戻って来た”という安堵感や

”水を得た魚”のようないきいきぶりが自分でも分かる(笑)







まずはご先祖様の墓参り。

a0246456_15550876.jpg



a0246456_15550088.jpg
「ただいま」と祖父母に挨拶。



******************************


さて。

普段アメリカでは品行方正で真面目な主婦の私も(笑)、

地元に帰ってきたら、もう弾けます、遊びます、出掛けます。

期間限定の不良主婦しちゃいます。

いいんです、アメリカでは地味~~な生活してるんですから、地元に帰ってきた時ぐらい。

・・・と毎回自分に言い訳しながら、昼も夜も美食三昧です。






______________________________________


「喜久寿司」のねぎとろ丼のランチセットは必須。

ごまだれをかけていただきます♪

サックサクの天ぷら、茶わん蒸し、みそ汁なども食べ応えあり。
a0246456_15554471.jpg
これ、誰よりも好きなのがメーガンです。

あまりの美味しさに、一昨年は滞在中2回も行ったほど。

今回も結局2回食べに行っていました。(私は1回だけ、だけど~)





_________________________________________




私が幼少の頃から、家族で定期的にご飯を食べに行っていた「グリルうばがみ」。

かれこれ40年以上の常連ということになる?!(もしかしたらもっと?)
a0246456_15572730.jpg
今回はいつものハンバーグにエビフライもつけた、ちょっと贅沢定食。

ウチの娘らも小さい頃から食べに連れて行っているので、

お店に行くたびに奥さんが「大きくなったね~」と驚きます。





________________________________________



三沢駅にあった「駅そば」。

今は移転して別な場所にありますが、行ってきました。
a0246456_15553730.jpg
上等な蕎麦じゃないかもしれませんが、家庭的でなんだかホッとする庶民の味です。

田舎のおばあちゃんちで食べるお蕎麦・・・といった感じでしょうか。

煮卵、萌え~~(≧▽≦)

________________________________________________




ある時は、前の職場の同僚やお付き合いのあった親しい業者さんらと「居酒屋いろり」へ。

ほんと、ここはいつ来てもお客さんがいっぱい。予約を入れていたから良いものの、

平日の夜なのに、”今夜は週末か?!”と思うほどの大盛況ぶり。
a0246456_15563729.jpg
そのまま2次会はオネエチャンのいるスナックへ流れます←これも毎回のパターン。

このメンバーで集まると、必ず抱腹絶倒の夜になります。

あ~、確実に皺2~3本は増えたわ・・・(><)




________________________________________________




小・中・高の同級生が経営している「ほうりょう」にも。
a0246456_15575249.jpg
お喋りに夢中になり過ぎて、撮った写真はこのお通しのみ。


今回は高校のプチ・同窓会も「ほうりょう」で行ったので、2回行ってきました。



_________________________________________________



ある時は、元・ニュー宮木の「龍宝飯店」で中華を。

店名・経営者は変わったものの、以前とほぼ同じメニューなので安定の美味しさ。

ちなみに「ほうりょう」のオーナーの経営です。
a0246456_17450761.jpg
大好物のレバニラ炒め♡ 

ニンニクがきいていて、オイスターソースの味がたまらない御飯がすすむ系。

食後の杏仁豆腐もさっぱりしていて、中華料理のお口直しにぴったり。





___________________________________________________




ある時は「新寿司」へ。
a0246456_15555152.jpg
お刺身どど~ん!!




必ず注文する貝焼き。
a0246456_15555936.jpg
イカの腑を豆腐や薬味と一緒に、箸でぐちゃぐちゃ混ぜながら火が通るまで。

これ絶対、酒呑みのツマミ的な(笑)






握りももちろん。
a0246456_15560520.jpg
お吸い物、こんなに透明なのにしっかり出汁の味がして、あ~~しみじみ美味しい。



_____________________________



小さい町だけど、美味しいお店はまだあります。

ということで、次に続きま~す。




































# by tachimayu | 2019-08-18 18:14 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 13日
チームラボ

a0246456_18080020.jpg


東京最終日の観光は、お台場にあるチームラボへ。



ここも”絶対に行きたい場所”として娘達からリクエストされていた所。

10時オープンだけど、早めに着けば大丈夫だろうと

9時半頃に行ったのに(しかも平日を選んで行ったのに)既に長蛇の列。

行けども行けども列の最後尾にたどり着かない。

結局、建物からだいぶ離れた国道(?)沿いの方まで列は続いていました!

1~2時間待ちとか覚悟していたのですが意外にも列が早く動き、

40分ほど待ったくらいで中に入ることが出来ました。



a0246456_18075013.jpg




a0246456_18080672.jpg


a0246456_13303753.jpg




a0246456_18092831.jpg





a0246456_18081130.jpg




a0246456_18092247.jpg

中に入ってからも、人気の展示は1時間半ほど待ったものもあり、

あっという間に4時間が過ぎてしまいました。

いろいろなゾーンがあり、それを探りながら回って歩くので

お目当ての展示を発見した時は”おぉぉ~~!!”と感動。

それにしても、とにかく人・人・人・・・。

外国人の率が圧倒的に高かったです。



もっとゆっくり出来れば良かったけれど、

この日は最終便で三沢へ移動する予定だったので

2時半過ぎにはチームラボをあとにしました。


******************************************




1週間毎日びっしりと予定をこなしてきました。

アメリカにいる頃に、綿密にたてたプラン。

ちゃんと遂行出来て満足度100%!!



さぁ、明日からは故郷・青森に場所を変えて

里帰りの続きを楽しみます♪







# by tachimayu | 2019-08-13 13:58 | 日本2019 | Comments(2)
2019年 08月 11日
東京観光あれこれ
a0246456_17385070.jpg
お目当てのカフェに向かってぶらぶら歩いていたら、
こんな光景を発見。たくさんの竹が・・・。
独特の空気感にハッとして咄嗟に撮ってしまったけれど、
いったい何職人なんだろう??

なんかシビレルわ~


**************************************



さらに東京をあちこち観光。





ある時はスカイツリーに行き・・・
a0246456_18091679.jpg
a0246456_19125813.jpg


a0246456_18090033.jpg

a0246456_18082873.jpg



スカイツリーの隣に建っている、東京ソラマチに行ってみたり
a0246456_18090910.jpg





**********************************************




ある時は久しぶりに恵比寿ガーデンプレイスに来て
a0246456_18084148.jpg




友人家族に再会し
a0246456_18081835.jpg

a0246456_19190409.jpg


a0246456_19415261.jpg



**********************************************





ある時は珈琲の街として人気沸騰中の清澄白河に行き
a0246456_18073918.jpg
ふわっふわの、リコタチーズのパンケーキや

a0246456_18083411.jpg
抹茶パンケーキを食べ・・・



ちなみに、清澄白河は最近カフェ激戦区で、

週末になると遠方からカフェ巡りに若者がやってくるらしい。

私達が今回行ったのは、iki Espresso

一昨年、たまたま宿泊したホテルのすぐそばにあって、

素敵な外観に惹かれて入ったのがきっかけ。

今回はこのパンケーキ目当てに、わざわざ電車に乗って行ってきた!

この界隈は下町情緒と水辺の景色が楽しめるエリアで、

Topの写真も清澄白エリアで撮ったもの。







*******************************************



そしてある時は日本橋へ行き
a0246456_18082342.jpg






国の重要文化財に指定されている、日本橋の三越本店の本館。

そこにある天女像。

ずっと見たいと思っていました。
a0246456_18085050.jpg
デパートの真ん中にどど~んと吹き抜けで建ってあり、圧倒されます。



a0246456_18074555.jpg
迫力いっぱい。




a0246456_18085524.jpg
どの階にいても見ることが出来る設計になっています。

こんな素晴らしい芸術品を無料で鑑賞できるなんて、とても得した気分。

他にはパイプオルガンの生演奏があったり、

階段の大理石にはアンモナイトなどの化石が確認できたりと、

デパートメントストアの域を超えている?!


さすが国の重要文化財に指定されたデパート。

重厚でクラシカルで気品があります。



*****************************************





今回の里帰りでは、私が東京在住の友人と何度か会っている時に

娘らは自分達で電車に乗って行きたい場所(主に原宿、渋谷周辺)に

行って買い物したり御飯を食べたりしたのですが、それが本当に楽しかったようです。

それもこれもスマホのお陰。あぁ、スマホ様様でした。



東京の記事、あともう一つ続きます。





# by tachimayu | 2019-08-11 19:44 | 日本2019 | Comments(2)
2019年 08月 11日
富士急ハイランド

a0246456_14481280.jpg
今回の里帰りで、娘達からいくつかのリクエストがあったのですが、

その一つに、”富士急ハイランドに行く”というのも入っていました。





そんなわけで、新宿駅から2時間半ほどかけて列車で山梨県に向かいます。
a0246456_17291089.jpg

今回の旅のお供は、友人夫婦の娘さん、はるか~~!!

6年前に我が家に10日間のホームスティで遊びにきて以来、

私達が日本へ里帰りする時には東京近辺で会っています。






*******************************************************************
一昨年は鎌倉や横浜で一緒に観光♪
a0246456_17293055.jpg
たった2年前とは思えない~~(><)

***********************************************************************


ディズニーやユニバーサルの絶叫系マシンも大好きで、

メーガンと2人で何度も乗っていたはるか。

この日の心強いお供です。



富士急ハイランドにはギネス認定のアトラクションが9つ。

一台で複数の記録を持つアトラクションもあるので、ギネス総数は14個。

とにかくスリル満点な乗り物が多いことで有名なので、

世界各地からやってくる人で園内はいっぱい。




この日は雨降りで、あいにくの天気。

そして山の近く(富士山)だからか、とにかく寒い~~(><)

晴れていたら園内から見えるはずの富士山を楽しみにしていたけれど、

あいにくの悪天候のため拝めず、とても残念・・・。



到着した時には、かなりの雨が降っていたため、安全面を考慮して

運転を見合わせているアトラクションもあったりで

全部制覇できるかは微妙な感じでした。
a0246456_17285058.jpg


それでも長い列に辛抱強く並んで一つ一つの

アトラクションをクリアしていったようです。

”ようです。”と書いたのは、

絶叫系マシンは大の苦手な私は一緒には行動せず、

園内のスタバでただひたすらまったりしていたから(^^:)



長い列だと、1時間半~2時間は待ったようです (◎-◎;)!!

それでも一つ一つ、アトラクションをクリアしていくたびに

テキストメールには、娘らの興奮したメッセージがどんどん入ってきます。


富士急ハイランドにはもう何度か来ているはるかが、

効率良く回れるコツを知っているのもあり、

ほぼお目当てのアトラクションは乗れたよう。



特に気に入っていたのが、「キング・オブ・コースター」と呼ばれている、

このFUJIYAMA。
a0246456_17292781.jpg

ちょうどこの目の前が、私が待機していたスタバだったので観客の様子が見れたのですが、

みんな終点地点では大きな拍手をしていたのが印象的でした。

それほど”素晴らしい~”とか”ブラボ~~!!”ってことなのでしょう(笑)






夕暮れになるとライトアップされ、昼間とは違った雰囲気になります。
a0246456_14482890.jpg





営業時間ギリギリまで、乗れるものは何でも乗ってしまえ~~!!で

こんなのにもブンブン揺られていました。(トンデミーナ)
a0246456_14484572.jpg

も~う、絶対無理だわ、自分・・・(汗)





園内にはリサとガスパール・タウンもあり、これがまた可愛らしい♡

フランス絵本のキャラクターだけあって、エッフェル塔もあったり

ストリートやショップがパリ風だったりと、女子にはたまらないエリアだと思います。

a0246456_14485573.jpg

そういえばメーガンやニコールが小さかった頃は、

リサとガスパールのぬいぐるみやキャラクターを買い集めていたなぁと

ちょっと懐かしい気持ちになった・・・。

a0246456_14490431.jpg
娘達の感想は、「とにかくすごい!!もう最高~~!!><」ということでした。

「次はダディも連れてこないとね!」とも。

興奮冷めやらぬまま、最後にみんなで向かったのは・・・。







私には、山梨に来たからにはどうしても食べたい物がありました。
a0246456_17212840.jpg

そうです、山梨の郷土料理の”ほうとう”です~♪






雨と低気温で冷え切った体に、温かいほうとうが沁み入る~~!!
大きなカボチャやたっぷりの野菜が入ったほうとうにしました。
a0246456_17291696.jpg

太くて平べったい麺が食べ応えがあり、お腹いっぱいに。

身体も温まり、満足♪

ここ、店内もとても広くて寛げました。






さぁ、また東京まで2時間ちょっとの電車に揺られ、
a0246456_17292056.jpg

さすがにお疲れモード(^^:)


終電になんとか間に合い、ホテルに戻ったのは日付が変わってしまってから。

なんとも長~~い一日でした。






# by tachimayu | 2019-08-11 17:33 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 08日
箱根温泉旅

a0246456_12102155.jpg

”日本一、予約の取れない温泉宿”として有名らしい「箱根吟遊」

それは訪れたお客が、チェックアウトの際に1年後の予約を入れるから、と言われていますが、

とにかく何か月も先まで予約がいっぱいだし、

自分の希望する日程に予約が取れないというのがこの宿。


13年前に初めて訪れた時も、キャンセル待ちの末

ようやく予約が取れ、家族で来たのでした。





今回、たまたまイタズラ心で”私達が東京に滞在している間に、お部屋空いていたりしないかなぁ?!”と

調べてみたら、なんと一日間たった一部屋だけ空いているのを発見!!

驚きと感激のあまり、思わずパソコンの前で「おぉぉぉ~~~!!」と声をあげてしまった(笑)

しかもドル建てで支払うので、ちょっとお得になる。



ここは客室露天風呂付きの宿で、ガラス張りのお部屋のどこからも露天風呂が見える造り。

もうティーンに成長している娘らと父親が一緒の浴槽に入るわけにもいかないけれど、

今回は旦那はアメリカの自宅でお留守番で、女子3人だけ。


これはもしかして”行きなさい。行くべきだ。”と言ってる?笑




・・・というわけで、思い切って来ちゃいました。

a0246456_12125857.jpg
相変わらず素晴らしい眺め。

もうここで何度も何度も言い続けてきましたが、私は断然”山派”。

そして無類の温泉好き。

山+温泉=アドレナリン大放出‼  

a0246456_16233763.jpg

a0246456_12100990.jpg



はやる気持ちを抑えながらチェックインを済ませると、

最上階のラウンジでウェルカムドリンクが出されます。
a0246456_12102822.jpg



a0246456_12141142.jpg







館内には琉球畳が敷き詰められているので、ひたひたと歩く裸足にも気持ち良い。

蛍光灯ではない、暗めの照明が落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
a0246456_14202256.jpg




お部屋でウェルカムスイーツとお茶を頂いたあとは、まずは大浴場へ。

どど~~ん!!最高の眺め♡

a0246456_14341097.jpg
もうこのブログ記事書いてる時点で、また入りたくなる(><)
a0246456_12143151.jpg
聞こえてくるのはお湯の音と鳥のさえずりのみ。なんて贅沢。






お部屋に戻る前に、ガーデンラウンジに行くと宿泊客はドリンクサービスが受けられます。
a0246456_13421145.jpg



a0246456_12113902.jpg
良いリフレッシュになりました。





a0246456_14314404.jpg
お部屋にも露天風呂が付いているので、入りたい時に入り放題。

夕食の時間までゆっくり入ったり、ソファで寛いだり、

おのおの好きなように時間を過ごします。





a0246456_12115893.jpg
なぁ~~んにもしない贅沢・・・(←といいつつ、

溜まってるメールのチェックや大量に撮った写真の整理に追われる自分・汗)





夕食はお部屋でゆっくりいただきます。
a0246456_13415534.jpg

a0246456_13420096.jpg
どれも手の込んだ素晴らしい会席料理で、

アメリカでは口にすることのできない貴重な食材もふんだんに使っているので

それはそれはわくわくしながら食べ始めたのですが、

すごくお腹いっぱいになってしまい、”お腹が苦しい、苦しい”と言いながら

無理やり食べたような状況だったので、それが今となってはちょっと悔しい(><)

おかしいなぁ・・・私、自他ともに認める、かなりの大食いなのに。



a0246456_12122115.jpg

食後ゆっくりした後は、またお部屋のお風呂に入りながらメーガンとあれこれお喋り。

そんな時間がとても楽しい。

ニコールは時差ボケが一気にどっとやってきたのか、

なんとこの豪勢な夕食も食べずに、あの上の写真↑↑のカウチで熟睡。

結局朝までぐっすりでした(途中でお布団に移動させましたけど)


メーガンと夜中に大浴場の方にも再び行きましたが、

昼間の様子とは違っていてまた良いものでした。




日本までの長旅に加え、昨日の鎌倉観光のハードスケジュールの疲れを温泉で癒すことが出来て

あぁ、これだから温泉はやめられない・笑






朝早く起きて、3人でまた朝風呂に入りに行きます。

今度はインフェニティ風呂。

a0246456_12144252.jpg
まるで山の上に浮かんでいるかのような錯覚を起こす、このお風呂。

前回2歳だったニコールは私が抱っこして入っても怖がって泣いてしまい、あまり堪能できなかったのよねぇ。






a0246456_16463256.jpg
素晴らしい箱根連山と私の足。・・・すみません(^^:)






a0246456_16464353.jpg


a0246456_15003989.jpg
今回はたっぷり堪能してきました。

朝風呂はやっぱり良いね~~。頭も身体もシャキッとします。







さぁ、朝食タイム。
a0246456_12124677.jpg
a0246456_12124041.jpg
a0246456_12123403.jpg




a0246456_16494120.jpg
私は和食を、子供達は洋食を。


またまた種類も量も多過ぎて、とても勿体ない話だけど全て食べきれませんでした。

朝からお刺身なんて食べたの、何年ぶりでしょう!

チェックアウトの時にはもうお腹がきつすぎて、動きが鈍い・・・気分はトドかセイウチ。



*********************************


初めてここを訪れた時は、

”もうこれが最初で最後だろう”と思っていました。

まさかその13年後に再びこうして訪れることが出来るなんて、考えてもみなかった。
a0246456_12130595.jpg
もうこの時点で既にこの温泉旅が今回の里帰りのハイライトか?!

と思えるほどの濃~~い2日間でした。









# by tachimayu | 2019-08-08 16:00 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 06日
箱根・宮ノ下

a0246456_13593130.jpg
                       細い路地の奥にある階段を上ると熊野神社。ここにもお参り。



2日目は箱根へ移動。

まずは新宿から箱根ロマンスカーに。

アメリカにいる時に、前から2番目の見晴らしの良い展望席を予約しておいたので

2時間弱の移動も外の景色を楽しんだり、少しウトウトしながらあっという間。

                 
a0246456_13132788.jpg
                 私は飛行機より列車の旅が大好きなので、いつも国内移動は新幹線にしていたのですが、

                今回の里帰りでは東京ー三沢間をいつものように新幹線を利用せず、飛行機移動にしたため

                          このロマンスカーはとても楽しみにしていました。

 




箱根湯本駅からは箱根登山鉄道に乗り換え、宮ノ下へ向かいます。

箱根登山鉄道の沿線には今がシーズンの紫陽花が咲き乱れていて、目の保養になりました。
 
a0246456_13105187.jpg
スイッチバックのある山岳鉄道で、箱根湯本駅と小涌谷駅の間には80%の勾配があるらしく、

80%の勾配とは1,000m進む間に高低差が80mにもなるということで、

けっこう急な斜面を進んだり、急カーブもあり、

なかなかハラハラする面白い列車でした。



a0246456_14191988.jpg
目的地の宮ノ下に到着。

宮ノ下には2回目の訪問です。

以前は車で来たので、鉄道機関を利用しての訪問は今回が初めて。




ちょうどお昼時だったので、腹ごしらえ。

日本に来る前から”ここで食べよう!”と決めていた、

宮ノ下食堂 森メシに迷わず直行。
a0246456_13162759.jpg
宮ノ下駅の改札を出て、すぐ右手にあります。

ちなみにこの坂、なかなかの勾配です~。





店内、すごく好きな雰囲気でした。

なんか昭和のノスタルジーを感じます。
a0246456_14411098.jpg

食べたい物も決めてありました(笑)。

私はアジ彩丼。
a0246456_13155510.jpg
四角く切られた新鮮なアジの刺身、キュウリ、大根に柴漬けや梅の風味がきいていて、

トッピングされたおろしショウガも合う~。すだちをギュッと絞ってから食べます。




何といってもこの目の前の景色を見ながら食べるご飯は

美味しさもひときわ。
a0246456_13565428.jpg




メーガンの食べた海老かき揚げ丼は、タレが甘辛くて、ご飯がすすむ系。
a0246456_13155019.jpg




食後のデザートは、お隣にあるNaraya Caféにて。

ここに入って、”あ!”と気付いたのが、私の好きなNHKの番組「ふるカフェ系 ハルさんの休日」にて

以前紹介されていたお店だということでした。


a0246456_13595398.jpg
坂の途中にあるので、店内の造りもユニークです。



a0246456_13160182.jpg
ここのオリジナル、ひょうたん最中(うぐいすあん)。

自分で最中の中にあんを入れて食べます。サクッとしていて美味しい。


a0246456_15060521.jpg
何といっても、景色が素晴らしい。

明星ヶ岳の山を眺めながらのデザートタイムは癒されました。



a0246456_13594138.jpg
ここは足湯もあり、浸かりながら食事したりお茶も飲めるということで・・・。




席が空いたタイミングでそちらに移動。

で、美味しかったのでまたひょうたん最中(今度は紫芋あん)を注文。

a0246456_15170427.jpg

ここは他にもギャラリーがあったり・・・
a0246456_14013478.jpg


ショップも併設していました。
a0246456_15185926.jpg


さて。

坂を下り、宮ノ下周辺をぶらぶら。


以前訪れた、クラシカルな建造物が魅力の老舗の富士屋ホテル

改修工事をしていため、敷地には入ることが出来ませんでした。残念・・・。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ夫婦や、チャーリー・チャップリンの

愛したホテルで有名ですが(古くはチャーチル、ヘレンケラーなどの著名人も宿泊したらしい)、

私はあの気品ある優雅な建物を見ているだけでテンション上がります。





可愛いホステルがあったり、美味しいベーカリーがあったりと相変わらず個性的なお店が並んでいます。
a0246456_13152606.jpg




江戸時代創業の山田屋さん。
a0246456_13154013.jpg
ここも健在でした。

以前子ども達がまだ小さかった頃に訪れて

箱根の寄せ木細工を買ったのです。

あの時いらしたおばあちゃんはおらず、お嫁さんなのか娘さんなのか

別の方がお店にたっていましたが、やはりとても気持ちの良い対応をしてくださいました。

a0246456_13154567.jpg
私はどこかへ旅行すると、旅の思い出や記念に

小さい豆皿や箸置き、蕎麦猪口などを買うようしていますが、

今回もこの中からいくつか自分用のお土産を買いました。







さあて。

この後はお楽しみの温泉宿へ♡




# by tachimayu | 2019-08-06 16:15 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 06日
鎌倉デー(その2)


鎌倉デー(その1)からの続きです。

a0246456_15452457.jpg
午後からは高徳院に向かい、鎌倉大仏にご挨拶。

相変わらずここは、たくさんの観光客でいっぱい←自分もその一人だけど。




ちなみに私のスマホの待受けは、13~14年ほど前に撮った鎌倉大仏(^^)

a0246456_12484649.png






次に向かったのは、竹寺として有名な報国寺へ。

ここに来ると俗世から別空間に入り込んだような静寂さで、凛とした気持ちになります。

a0246456_16432428.jpg




たくさんの外国人の姿が。
a0246456_16433467.jpg




ここに来たならお約束の、抹茶ブレイク。
a0246456_16442786.jpg

a0246456_16463861.jpg



目の前の竹林を眺めながら、聞こえてくる音といえば鳥のさえずりと竹を揺らす風の音だけ。
a0246456_16424127.jpg

緑一色の世界は気持ちを落ち着かせてくれるから、本当にここに来るのが毎回楽しみ。



a0246456_16433919.jpg
風が吹くと、静かな境内に高い竹同士がぶつかり合って

カランカランと乾いた音を立てるのですが、風情を感じます。




a0246456_16465624.jpg

この風景、ふと目をやった瞬間ぐっとハートを鷲掴みされました。

門戸の木の風合いといい、紫陽花の多過ぎず少な過ぎずの適度な株数といい、

石畳の色合いといい、庭木の配置といい、もう全てがまるで計算づくのような完璧さで、しばしうっとり。





この時点で既に夕方の4時半過ぎだったのですが、

ここまで来たからには鶴岡八幡宮にもお参りしたいと思い、

さっと行ってきました。


a0246456_16470447.jpg

ここの階段を上るたびにテンションも上がります。


3人で無事にお参りを終えて、階段を下りていると鳥居の向こうに見えてくるのは鶴岡八幡宮の参道、段葛。

a0246456_16471082.jpg






さて。

夕暮れになる前に最後の目的地、江の島まで急ぎます。

一昨年ここで食べたタコせんべいと、

冷やしキュウリ(竹串に刺さってあり、梅ソースや甘味噌のソースがかかってあるもの)が

とても美味しかったので、それ食べたさに(笑)。
a0246456_15442372.jpg




今回は海老せんべいにも挑戦。
a0246456_16233799.jpg



残念ながらまだ冷やしキュウリは始めていないのか、見かけませんでした。



ここの通りは6時頃には閉めてしまうのですが、なんとかギリギリ間に合いました。

まだけっこうな数の観光客がいます。
a0246456_15443559.jpg



しらすコロッケをお土産に買い(ホテルでつまもうと^^:)、江の島神社にもお参りを。


a0246456_15442973.jpg





お参りを終えた後に弁天橋を歩いていると、ちょうど夕日が沈む時間帯に差し掛かり・・・。
a0246456_16490740.jpg
江の島の夕焼けはけっこう人気があるので、この日も夕焼け鑑賞目的のカップル連れが目立ちました。



a0246456_15441790.jpg
残念ながら曇りだったのできれいな夕焼けは臨めませんでしたが、

晴れていると向こうには富士山のシルエットも見えるなかなかのスポットです。




日本初日なのにかなりエネルギッシュに行動しました。



万歩計のアプリでは・・・


a0246456_12310364.jpg
なんとなんとの24,753歩!!



そういえば一昨年も、成田に早朝(6時頃)に到着し、

そのまま休むことなく一日中終電の時間まで歩き回り、

ホテルに戻ったのが夜中近くということを初日からしていました。



まずは大好きな鎌倉をたっぷり堪能出来て

大満足な一日でした♪



# by tachimayu | 2019-08-06 12:59 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 04日
鎌倉デー(その1)
a0246456_15494259.jpg
やっぱりというか、またまたというべきか。



日本へ里帰りしたら初日に鎌倉を訪れる、というパターンは今回も変わらず。

つい30時間ほど前には、椰子の木やハイビスカスの咲き乱れる高温多湿なフロリダに

いたとは思えないほどの、このギャップ加減が好きで、ザ・ニッポンらしい鎌倉に来たくなる。



6月の中旬ということで、大好きな紫陽花のシーズンに重なったことも幸運。


”アジサイ寺”として有名な北鎌倉にある明月院から

今日の一日をスタートすることに決めていました。




それにしても。

ここの混雑ぶりは噂には聞いていましたが、朝の8時過ぎで既にこの行列。
a0246456_15303969.jpg


境内も、もうたっくさんの人・人・人。
a0246456_15451192.jpg





”明月院ブルー”と呼ばれているように、ここの紫陽花は青一色。

蒸し暑くとても日差しの強い日でしたが、

紫陽花の青さが視覚的にいくらかの涼しさを感じさせてくれました。
a0246456_17394260.jpg



a0246456_17343197.jpg


a0246456_17280457.jpg


a0246456_17365248.jpg



a0246456_15300197.jpg





「悟りの窓」も、撮影するのに20分ほど並びました。

日本独特の造園技法である、借景の美がたまらない。
a0246456_15383551.jpg



もっとゆっくり見て回りたかったけれど、この日はたくさん予定が詰まっていたので次に移動。

北鎌倉にある円覚寺にもお参り。
a0246456_15431464.jpg




次は長谷駅で降り、

鳥居のすぐ目の前を江ノ電が通ることで有名な、御霊神社へ。

a0246456_15454049.jpg
a0246456_15452753.jpg

この季節しか撮れない紫陽花と江ノ電の組み合わせを写真に収めようと、

既にたくさんの人がカメラを構えてスタンバイしていました。

a0246456_15500984.jpg
ここの沿線に咲いている紫陽花は、

色鮮やかでとってもきれい。
a0246456_15475376.jpg

なんとか写真を撮り終えた後は、神社にお参りをしました。



今回の里帰りでは、各地でたくさんの神社、お寺を訪れたのですが、

娘らに手水の作法とお参りの仕方を教えました。

a0246456_15481114.jpg


さぁ、そろそろランチブレイク。


お昼御飯は、土鍋ご飯が美味しいと評判のここにしようと

日本へ来る前から決めていました。



・・・・でもでも、まさかの1時間半待ち!!

他をあたることもちらっと考えましたが、ずっと楽しみにしていたのでやはり諦めずに待つことに。






私はアボカドと蟹の、メーガンは鮭とイクラの、ニコールは鶏肉の土鍋ご飯を食べましたが、

それぞれとても美味しかったです。
a0246456_16243128.jpg
さて。

腹ごしらえもしたことだし(食後のデザートのソフトクリームももちろん!)

午後からも精力的に歩き回ります!!


鎌倉デーは長いので、その2に続きます(^^)






# by tachimayu | 2019-08-04 16:32 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 03日
日本到着初日
a0246456_14072340.jpg

今回は故郷・青森に行く前に、まずは東京に1週間の滞在予定。



私自身の行きたいところ、やりたいことに加えて、

ティーンの娘らの要望もあれこれ取り入れながらなので、1週間といえども足りないほど。

毎日のスケジュール設定から日々の時間配分を決め、アメリカにいる間にいろいろな予約を入れたり

チケットを購入したりと、里帰りの前から既に慌ただしかった(笑)。




長時間のフライトの疲れを癒すのと、次の日から始まる怒涛の観光スケジュールに備えるために

夕方ホテルにチェックインした後はゆっくり休みたかったけれど、

なんとなく時間が勿体なくて、少しの時間も惜しんで

あれこれしたいという気持ちのほうが強くなり(←これ、いつもの悪い癖)

渋谷・表参道周辺へお出かけ。


a0246456_15131272.jpg


普段、夜になるとあまりネオンもない寂しい田舎町に住んでいる反動なのか、

夜の都会って大好き。ぶらぶらしているだけでワクワクする。

娘達があちこちで写真を撮る目的を終えてから、ようやく遅めの夕食を。





日本に着いた初日の晩御飯は、まい泉のヒレカツ膳。

“箸で切れる柔らかさ”で有名なヒレカツは、外側がサックサクで中はジューシー。
a0246456_14082905.jpg


これ、自宅では絶対に再現出来ない感動の美味しさ。

さらに驚いたのが、付け合わせのキャベツの千切りの柔らかさ。

箸で持ち上げると空気を含んでいてふわっふわ。

こちらもヒレカツ同様、アメリカの固いキャベツでは絶対に再現出来ない感動の美味しさ。




さぁ、明日は超ハードスケジュールの一日。

お肉を食べてスタミナも付けたことだし、しっかり休息してたくさん楽しまなきゃ!




# by tachimayu | 2019-08-03 15:20 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 08月 03日
日本へ里帰り
a0246456_12591134.jpg


2年ぶりに日本へ里帰り。

一昨年(2017年)は家族全員で帰りましたが、今回は旦那はお留守番。

娘らと3人で、ちょっとした旅行気分を味わいながらの1か月の里帰りでした。




アメリカに戻ってきて2週間ほど経ちましたが、いまだに日本での余韻にどっぷりと浸っています。

記憶がフレッシュなうちに(笑)、日本での思い出をブログに書き留めておこうと思います。

あちこちでたくさんの写真を撮りました。

どうぞお付き合いくださいませ。









# by tachimayu | 2019-08-03 12:59 | 日本2019 | Comments(0)
2019年 05月 28日
高校卒業

a0246456_17013169.jpg



メーガンがとうとう高校を卒業しました。


高校に通いながら同時に大学の30単位をとり、120時間のボランティア活動をし、

バイトもするという、私が高校生だった頃と比べると多忙な高校生活を送ったメーガン。

それでもGraduated with honors (優等な成績で卒業する)出来たことを誇りに思います。

秋からは大学生です。


a0246456_11572807.jpg




今年の1月の誕生日で18歳になったメーガン。

アメリカでは18歳といえば立派な大人扱い。

選挙権も与えられます。陪審員の義務も出てきます。

実際に18歳になってまもなく、陪審員任務のための招集の手紙を受け取り、

5月に裁判所に出向き、任務を遂行してきました。


a0246456_17042905.jpg


                  16歳で車の免許を取得した後は、自分で運転して高校まで通学するようになり、

                 これまでどこへ行くにも親の送り迎えが必須だった生活とは一転して、

                 自由に出掛けることが出来るようになり、行動範囲も一気にひろがりました。

            その分、親の不安や心配も大きいけれど、ティーンの子ども達を持つ親がみんなが通る道。

               こうしてどんどん親の元から離れていくのかな、と思うと寂しいものです。



a0246456_17044778.jpg

私に似ず、いつもクールで落ち着いていて、しっかり者のメーガンは頼りになることも多く、

なんだか”母親と子供”という立場が逆転してきているような気もするけれど、

それもまた成長の証しかな、と思ったりしています。






a0246456_17041822.jpg

今後、どんな道を選び、どの方向に進んでいくのか分からないけれど、

どんな選択であれ、メーガンならばまぁ大丈夫かな?!と思います。





a0246456_12043766.jpg






まずは卒業おめでとう!!




# by tachimayu | 2019-05-28 17:07 | 子育て、家族 | Comments(0)
2019年 03月 04日
大人の雛祭り会2019


a0246456_10524359.jpg
さぁ、3月がやってきました!


私が1年で一番好きな月です162.png

理由もなく、なんだかワクワクした気持ちになる月。

誕生日月でもあるし、きっと春が昔から好きだから179.png



a0246456_11045712.jpg






そして、お正月よりもクリスマスよりも一番好きな行事が桃の節句。

好き過ぎて、過去には千葉県勝浦市のかつうらビッグひな祭りに行ったくらい。

a0246456_11054602.jpg
(2006年3月)


日本各地、いろいろな桃の節句のお祝い方があるのでそれぞれ観に行きたいなぁ。

とくに商家の雛祭りは風情があり、あの独特の世界が好き。







さて、今年も恒例の大人の雛祭り会。
a0246456_11043121.jpg

なんだか毎回、同じ図なんだけど、でもやっぱり乾杯のアワアワは外せないよね。

桃の節句ということで、イチゴのスパークリングを友人が用意してくれました。





a0246456_11035774.jpg

雛人形を模したナプキンの中には飯椀を入れています。










a0246456_11040582.jpg

散らし寿司。









a0246456_11041393.jpg

高野豆腐の含め煮。









a0246456_11042460.jpg

スモークサーモンのマリネ









a0246456_11041832.jpg

菜の花のたらこソースかけ









a0246456_11043731.jpg

ハマグリのお吸い物が、貝からの旨味たっぷりの出汁がきいていて美味しかったです。

茶わん蒸しは友人のKさんが持ってきてくれました。

私と同じく青森出身なので、茶わん蒸しには銀杏ではなく、”栗の甘露煮”がしっかり入っていました~。


新潟への里帰りから戻ったばかりのN子さんが

今年も美味しい美味しい、麹の甘酒をお土産に持ってきてくれました。

すっきりした飲み口なので、ぐいぐいと飲み干せてしまいます。






a0246456_11044235.jpg

N子さんが八つ橋4種やどら焼き、栗のお饅頭までどっさり日本から買ってきてくれて

食後のデザートはとっても豪華に!!

写真に撮るのを忘れてしまったけれど、K代さんが抹茶白玉のぜんざいを手作りしてくれたのですが、

抹茶の苦みと餡子の甘みが絶妙な美味しさでした。

やっぱり和菓子は落ち着く~~。






a0246456_11051014.jpg

”和菓子は落ち着く~~~”なんて言った後になんだけど(笑)

3月3日と4日のバースデーガールが2人いたので、ケーキも用意しました。





a0246456_11044927.jpg

人生の先輩であり、かけがえのない友人であり、いろいろなことを相談したり、

教えてもらったり、一緒に笑ったり、泣いたり・・・。

たくさんの時間を過ごしてきた大切な彼女達には

これからも元気でいてほしい。

そんな気持ちを込めてケーキを作りました。




今年も無事に雛祭り会を終えることが出来てホッとしました。






a0246456_11050304.jpg

それから3月3日は、私達夫婦の結婚記念日でもあります。

今年で30年を迎えました。

結婚したばかりの当初を思い出してみると、なんだかもうずっと遠い遠い昔のことのような。

でも、結婚20年目から30年目までのこの10年間は本当~にあっという間だったな。

10年前といえば、ちょうど今住んでいるこの町に引っ越してきたとき。

気付いたらもう10年経っていた?!という感じで、

改めて時の流れの速さというものを噛みしめているこの頃。


若くてすっきりしていた旦那も、お腹周りが立派になり(それは私もか)

すっかりオッサンになってしまったけれど(そして私もオバサンに)

まぁこれからも一緒に頑張っていこうと思う106.png














# by tachimayu | 2019-03-04 12:55 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2019年 01月 13日
遅めの新年会2019
a0246456_14000208.jpg

新年も10日が過ぎ、すっかりお正月気分も抜けて(そもそもアメリカではお正月気分なんて最初っから無いも同然)

日常に戻ってきた頃、毎年恒例の我が家での新年会が始まります。


今年も1年、健康で頑張れるように願いながら、仲の良い友人らとお節料理を食べながら過ごす時間は

無くてはならないものになっています。








a0246456_13592780.jpg
お節料理全般は私が担当するので、ドリンク類や御飯もの、

お雑煮、デザートは友人らにお願いして持ってきてもらっています。

N子さん、今年もたくさんの飲み物ありがとう~。









a0246456_14540982.jpg











a0246456_13595722.jpg
素敵な眺め♪

大好きなアワアワが私に微笑みかけてる(笑)

・・・いや、嬉しさのあまり私がニヤけてるだけか。











なかなか思うように必要な食材が手に入らないけれど、

そんな時は他のもので代用したり、メニューを変えたり・・・。

(例えば紅白なますは柚子を使うけれど、ここでは手に入らないのでフロリダのネーブルオレンジで代用)
a0246456_13593204.jpg
有頭海老が大き過ぎて5尾、入りきれなかった~~(><)

*紅白かまぼこ
*伊達巻
*紅白なます
*昆布巻き
*有頭海老


母の実家である北海道・羅臼の羅臼昆布を使って作った、昆布巻き。

お節料理のメニューの中でも、私の好物です。







a0246456_15504885.jpg

*たたきごぼう
*黒豆
*牛肉の八幡巻き
*栗きんとん
*数の子


黒豆は”丹波の黒豆”。

鉄玉を入れて煮るので、黒々とした艶が出て良い感じに仕上がりました。

(ちなみに裏白が手に入らないので、見た目が似てる感じのシダで代用。)







a0246456_13594400.jpg
*煮しめ
(レンコン・牛蒡・里いも・人参・コンニャク・たけのこ・きぬさや・干しシイタケ・鶏肉)


”鶏の皮と煮干し”で出汁をとると、コクが出て美味しくなる煮しめ。

一つ一つの食材の下処理が必要なので、

私にとってはこれが一番手間のかかるメニューかも。







a0246456_14001278.jpg
でっかい有頭海老のせいで(?!)お重箱に入りきれなかった”ごまめ”は豆皿に。

今年は砕いたピーカンナッツを少し混ぜ込みました。

香ばしさが出て良い味のアクセントになったかな?!









K代さんの作る、白みそで食べる関西風お雑煮も楽しみの一つ。

a0246456_13595105.jpg

この日の朝作ったばかりだという玄米餅を焼いてお雑煮に

入れてくれました。プチプチの食感がたまりませ~ん。








a0246456_14521106.jpg
御飯物を担当してくれたN子さんがちらし寿司を持ってきてくれました。

お正月らしい豪華な見た目で、味もとっても美味しかったです♪













a0246456_14002383.jpg

抹茶ロールケーキとアップルパイ。美味しい焼き菓子を2つも!!

Kさん、ありがとう~。









私は口当たりのさっぱりする冷菓を。
a0246456_14001823.jpg
杏仁豆腐を作りました。







子供達が学校に行っている間の、限られた時間内での新年会になりますが、

とっても楽しいひとときでした。

皆さん、来てくれてありがとう。

a0246456_13591520.jpg
提案するのを忘れちゃったんだけど、

来年からは皆でそれぞれ新年の抱負を語り合うのもいいかもね?!

そして年末の忘年会で、1年を振り返る・・・というのはどう?(笑)








・・・・そして。



新年会の終わった日の家族の夕食。
a0246456_14011168.jpg
・・・といっても、お節料理を喜んで食べてくれるのはメーガンだけ。

ニコールは食べられるものが限られているし、旦那に至っては

そもそも野菜嫌いだから、この中に食べられるものなんて一つもない。






きっと友人らと新年会を楽しむ理由の一つに、

お節料理の良さや美味しさを分かっている人達と

その喜びを共有し合いたいというのがあるんだと思う。






さて、無事に新年会も終えたことだし、

2019年もこれで頑張れそうな気がします!


































# by tachimayu | 2019-01-13 15:38 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2019年 01月 01日
新年明けましておめでとうございます。
a0246456_11584333.jpg

2019年、明けましておめでとうございます。





新年恒例のお花、今年は悪戦苦闘しました。

まず、私の住んでいる田舎町では手に入るお花に限りがあり(毎年ユリと赤い実しか売っていない)、

これが日系スーパーのある都会ならもっとバラエティ豊かなお花やグリーンが手に入るのにな、とか、

お正月飾りや新年用のお花が売っている日本だったら

もっとあれこれ出来たのにな、とか思いながら(言い訳のオンパレード・苦笑)

あまり納得しないながらも、なんとか仕上げました。




そんなわけで。

今年のお点前はいかがでしょう?母上(笑)

のちほどスカイプで辛口意見を聞くとします。



*******************************



若いころから小心者で気にしぃで、物事をすぐ悪く捉えたり、

起こってもいないことを心配したり、何かとネガティブな性格の私でしたが、

ここ数年はそんな悪い癖を捨てる決心をし、自分なりに頑張ってきました。


持って生まれた性格というのはなかなか簡単には変えられるものではありませんが、

向上心を持てるようないろんな書物を読んだり、メンター的友人の話を聞いて励まされたり、

自分で自分を持ち上げるように努めてきました。

今年はさらにそれを高めていきたいというのが、私の目標です。

多少のことは気にしない、ま、いいか、なんとかなるさ、で

乗り切ります。頑張ってみます。


そんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。








# by tachimayu | 2019-01-01 15:25 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2018年 12月 27日
クリスマス2018
a0246456_06082324.jpg
スウェーデンのエンジェル・チャイム。
クリスマス・アイテムの中でも特にお気に入りです。


4本のキャンドルを灯すと、暖まった空気の上昇気流によってエンジェル達が回り始め、
チリンチリン♪と幻想的な音色を奏でてくれます。


*******************************************




今年も家族で良いクリスマスを過ごすことができました。




12月に入ったら毎年作るジンジャーブレッドハウス。
a0246456_06314720.jpg

クッキー生地が焼き上がったらアイシングを糊代わりにして

組み立てていきます。


乾くのを待っている間に、倒れてしまわないよう

コップなどを使ってサポートします。





a0246456_06082486.jpg

今年は長女のメーガンがデコレーションしました。

「来年こそはシックで大人っぽいジンジャーブレッドハウスを作ろう!」

と誓うのに、やっぱりカラフルな飾りつけに落ち着いてしまう(^^:)

これが完成すると、ようやくクリスマス気分が出てきます。




***************************************




毎年恒例の、友人家族を招待してクリスマスディナー会。

a0246456_06082054.jpg



今年新しく加わった銀色のトナカイたち。
a0246456_06082530.jpg



サンタが「こんにちは」
a0246456_06082577.jpg





子供達は大人とは別のテーブルで♪
a0246456_06082163.jpg






ネームタグのデザインはニコールがそれぞれ手描き。
a0246456_06082283.jpg





毎年クリスマスに作るブッシュドノエル。

プレゼント用も含めて今年は4本作りました。

a0246456_06082209.jpg

ディナーにゲーム大会にと盛り上がり、お開きしたのはなんと朝の3時!!

とても楽しかったです♪





*********************************



今年のクリスマスで一つ嬉しかったことが、

秋からバイトを始めたメーガンが、自分で稼いだお金でクリスマスプレゼントをくれたこと。

a0246456_06082473.jpg

自分の子供が自分で働いて得た収入で買ってくれるものは、

高価なものでなくても、どんな小さなものだって十分嬉しいのに

こんな素敵な贈り物。


そしてさすが我が娘。 母親の好みというかツボを抑えてる(笑)

アロマの香りとボ~ッと光るライトに癒された、クリスマスの夜でした。




今までは小さかった子供達に

欲しいものを用意していたクリスマスだったのに、

とうとう子供側からプレゼントしてもらえるような年齢になったのかぁと

そんな感慨深い日でもありました♡







# by tachimayu | 2018-12-27 00:58 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2018年 12月 24日
小さくて可愛い町
a0246456_14552555.jpg
鎌倉の報国寺か?!と思うような立派な竹林。苔までが完璧。(Stetson Mansion 敷地内にて




先週の日曜日に、Delandに初めて日りで行ってきました。


ジャクソンビルに住んでいるYちゃん と、それぞれお互いの中間地点にあたる場所で

落ち合えたらいいね、とけっこう前から話していたのだけど、ようやく実現。



メインの目的は、古い建造物が大好きな私達にとって魅力的な


Stetson Mansion のクリスマス・ツアーに参加すること。(事前予約必要)


1886年に建った、この古くもチャーミングな家はJohn B. Stetson家族が住んでいたもの。

Stetson氏はカウボーイハットの発明者であり(そうなんです!テキサスではないんです、意外や意外)


その成功で財を成し得たそうです。



建物念ながら真撮影は禁止されているので1枚もないけれど、


リンク先をご覧になれば部の子がわかると思います。


とにかくどの部屋も床の態が素晴らしいのと(100年以上っているとは思えないほどの


ピカピカの輝き)一部屋ごとに床に施されているデザインが違うことに驚きます。


クリスマスツアーということで、全室にクリスマスツリーが飾られ


煌びやかで豪華なデコレーションがされていますが、それでも古い建物特の重厚感があり、


どの空間も落ち着いた雰囲気が漂っていました。


ちなみに現在のオーナーが8週間かけて全てのデコレーションをするとか。


そして驚くことに、年デコレーションをえるそう。



1世紀以上の古い建造物を、現代の生活式に合うように


修正調和していくすり合わせ作業はとても簡なことではないと思います。


昔の建築を熟知している職人でなければ、なかなか手をかけられないでしょう。


Yちゃんとこれ、メンテナンスに相なお金がかかっているよねとしきりに感心していました。




建物の外は撮影は許されているので、真を撮りながらゆっくり見て回りました。


この外壁 ↓↓↓


a0246456_14591466.jpg


最初はユニークなデザインの化粧しっくいだなぁと思って、近づいたらなんと木でした!!


しかもとても手間のかかった模様。昨今ではなかなか見かけない外壁だと思いました。




窓のデザインがこれまた多種多でパターン化しておらず、別々のデザインが隣同士に並んでいたり、


シンプルな窓枠があったかと思えば手の込んだステンドグラスが埋め込まれていたりと、


見ていて飽きない外でした。


a0246456_11195593.jpg
a0246456_12223801.jpg


帽子ビジネスの成功が、貴重な建物に形をえて後世までこうしてっているのは


素晴らしいことだなと思いました。





ツアーの前後には、Downtown Delandでぶらぶら。


これまた私とYちゃん好みの、と言いますか、ツボにドンピシャなエリア。

a0246456_12325129.png


カフェ、アンティークショップ、地ビール屋さん、レストランが古い通りに立ち並び、

それぞれが個性的で、どれも入ってみたくなります(そして実際に可能な限り、入りました笑)


日曜日だったのであいにく閉まっていたり、開いていても早くに閉店したりと、


散策するにはちょっとむいていない日だったけれど


それでも十分、心のチャージをすることができました


a0246456_12513696.jpg







路地裏で見かけた、とあるアンティークショップの外窓。


こんな窓、今ではなかなか見かけなくなりました。

a0246456_15075613.jpg


なんというか昭和チックなんだけど、でもアメリカの田舎町で見ると


Rustic Countryと呼ぶほうがぴったりな、味のある外観。



またゆっくり来てみたいな、と思ったチャーミングな町でした♪








クリスマスツアー

# by tachimayu | 2018-12-24 13:22 | おでかけ | Comments(0)
2018年 12月 10日
お久しぶりです。
a0246456_11193915.png

もう1年以上も更新しておらず、放置していたままのブログですが、

またボチボチ再開しようかな、と思っています。


やっぱり私は文章を構築したり、あれこれと内容を思いあぐねたりといった作業が好きなので。

もちろん年齢とともに、錆びついていきそうな脳みそのエクササイズのためにも。



2004年から始めたブログ。

これまでブログを通じて実生活で親しくお付き合いすることになった人もいるし、

やはり自分にとっては大切な場所かなと改めて思う。

誰が読もうが読まないがそれは私にとっては重要なことではなくて、

自分が楽しいと思って続けていくことの方が大事。

ゆる〜く、細く長く、再び。


・・・でもブログ再開で、一番喜んでいるのは母ではないかと(笑)




# by tachimayu | 2018-12-10 11:54 | 独り言 | Comments(0)
2017年 04月 06日
一年で一番好きな月


a0246456_9215259.jpg


前回の更新から2か月も経ってしまいました。

早いですね、もう新年度の4月です。



タイトルにもあるように、私が一年の中で一番好きなのが3月。

四季の中で春が好きなのもあるし、自分の誕生日月でもあるし、

結婚記念日もあるし(ちなみに今年で28年を迎えました)、


あと、ここでも何度も何度も書いているけれど、北国育ちだった自分にとっては

春というのは待ちに待った特別な季節でした。

長い長い冬がようやく終わって、それまでの白やグレーだった世界から

黄色やピンク、緑色の草花が咲く暖かい春がやってくるわけで、

なんだか理由もなく良いことが起こりそうなワクワクする季節。

色で表すなら、3月はやっぱり淡いピンク色って感じかな。



盛り沢山の3月だけど、ダイジェスト版でいってみます。



****************



まずは毎年恒例の桃の節句。

これも毎回書いているけれど、自分の中では一番好きな行事・イベント。


a0246456_9314978.jpg


今年もいつものメンバーと”大人の雛祭り会”。

新潟から帰ってきたばかりのNさん手土産の、麹の発酵甘酒。

冷やしていただきましたが、これ、美味~~♪

さくさくの食感の最中や栗羊羹も、本当にご馳走様でした。

日本に住んでいたって、なかなか口にできない新潟の美味しいものを

味わえて本当に有り難いです。



****************



同じメンバーに今年も誕生日祝いをしてもらいました。

a0246456_9412888.jpg


海鮮鍋。魚介類から旨味たっぷりの出汁がでていて、これまた美味~♪♪

最後に卵を落としたおじやで食べると、もう至福のとき。

左側のソーセージはYさんのご主人手作り。腸詰めしたものですよ。

寿司を握らせたらプロ並み、魚やエビは釣ってくる、家庭菜園は上手と、

まぁなんでも器用にこなすので、びっくりです。苦手なことってあるのかな(笑)

Nさん、ご馳走様でした。毎年ありがとうございます♡



************************


3月中旬には、友人に誘われて新潟・佐渡の太鼓芸能集団「鼓童」

パフォーマンスを観に、ジャクソンビルまで行ってきました。

a0246456_1184432.jpg

いや~、アスリートか?!っていうくらいの、贅肉一切なしの素晴らしい肉体に

目が釘付けになっちゃったよ、オバちゃん(笑)

和太鼓、やっぱり良いね。会場にいてもその振動が身体に響いてきました。

ちなみにこのフロリダシアターで以前、故 B.B.Kingのコンサートを観ましたが、

さすがは90年の歴史ある格調高いシアターだけあって、建築のディティールが凄いんですよ。

この手の建造物、大好きです♪



************************



私のお仕事が2週間の春休みに入った週末は、前から行ってみたかった場所へ家族で。


まずは、ステーショナリー関連で私が大好きな、

フロリダのWinter Park発祥のRifle paperへ。

日本のサイトはこちら

a0246456_9514121.jpg


小さな空間だけど、エントランスがWelcomeモードでとても洗練されていました。




a0246456_95203.jpg


お店の構成がユニークで、店舗/事務所/会議室/作業場と一つの空間にあり、

それぞれのスペースにはドアもなく、ちょっとしたしきりがあるものの、

ほぼオープンスペース。この日は週末だったため、スタッフはいませんでしたが、

オフィスのデスクやパソコンまでもがディスプレイの一環のようになっていて、

”見せる(魅せる)事務所”といった感じでした。


この左側の写真のお部屋というかスペース、床といい天井といいテーブルといい、

使われている木材が”木フェチ”の私からしたら、たまりませんな(笑)

こんな日差しがいっぱい入るスペースでミーティングなんかしたら、

良いアイディアがどんどん出てきそうな・・・。


こんな職場で将来ニコールがデザイナーとして働けたら、最高だね~(妄想、妄想)



*********************


この日はまたさらにちょっと移動して、Winter GardenのDowntownまで。


古い歴史のある小さなエリアだけど、私の心をぐっと鷲掴みするような

店構えや景観が満載で、テンション上がりました。

 photo WINTER-GARDEN_zpswze5pe6b.jpg

ここお薦めです!!

中に入ると市場のようになっていて、カフェからアイスクリーム屋、

寿司屋、ピザ屋、バーガーショップ、地ビール、チョコレートショップ、

コールドプレスのジュース屋、精肉店、マカロニチーズ屋、

アロマショップ、クラフト店などなど、とにかく誰が行っても

何かしら興味のあるお店は見つかるはず。

座るテーブルもないほど、たくさんの人で賑わっていました。





通りには、ビンテージショップもあり、じっくり見て回りました。

a0246456_1037225.jpg


あら、こんなとこでMade in Japanに出会っちゃったよ~、ってわけで(笑)

アンティークカップ&ソーサーのセットを買っちゃいました。



***********************


そして3月の〆はニコールのバースデー。

去年の、10人という大勢の賑やか(うるさい)女子軍団をお泊りさせて

もうこっちがフラフラになったので、今年は特に仲良くしている3人の友達だけを招待。

a0246456_10363623.jpg


ニコールのリクエストでSkyzoneにみんなで行き、

次の日はダウンタウンにあるクレープショップへブランチを食べに。

13歳。とうとうティーンエイジャーの仲間入り。

でもニコールはいつまでも、私の”めんこ”♡♡




今年も充実した3月を送ることができました。

来年も3月が楽しみだな~♪




余談だけど、この頃は手軽なせいか、スマフォのカメラでばかり写真を撮るようになって

めっきりカメラの出番も少なくなってしまいました。

今日のブログ記事も、3分の2はスマフォで撮った写真です(^^:)



# by tachimayu | 2017-04-06 11:44 | 季節のイベントごと | Comments(6)
2017年 02月 02日
Sweet 16


a0246456_31718100.jpg



1月27日はメーガンの16歳の誕生日でした。


アメリカでは、16歳の女の子のバースデーを盛大に祝う文化があり、

その名も「スイート16」。



結婚式を挙げるような大きなパーティ会場を貸し切って大勢の人を招待して祝ったり、

遊園地を貸し切ったり、生バンドやDJを雇ってパーティをしたりと、

このパーティーはとても重要で女の子を持つ両親がかなり奮発して

大きなパーティーを開く文化があります。

主役の女の子もスペシャルなドレスをこの日のために用意したりと、

なんだか本当に将来の結婚式の予行練習⁈をしているかのような派手さ(苦笑)。





我が家の懐具合を知ってのことか⁈メーガンは親思いなので(笑)

そんな派手なパーティよりも、親しい友人とビーチで焚火をして過ごしたいと。

・・・・phew~~(ホッと胸を撫で下ろす音)



ビーチで焚火をするにも許可が必要なので、そんな事前準備も済ませ

当日を迎えたわけだけど、この日がまたフロリダにしてはとても冷える夜でした。




温かい飲み物やブランケットなどを持ち込んで、

焚火を囲んでゆったりとバースデーナイトは過ぎていきました。

a0246456_350047.jpg





焚火をしたらお約束のスモア。

a0246456_351133.jpg


結局この夜は12時近くまで(薪がなくなるまで)ビーチにいました。

髪の毛も身体も洋服も、ものすっごい焚火の煙の匂いが(苦笑)




a0246456_432982.jpg


こんなに寒い夜だったのに(しかも波打ち際って風もあってさらに寒い‼)

みんな来てくれてありがとう(^^)

しかし冷える夜だけに、焚火の暖かさが気持ち良かった。





友人らにバースデーソングも歌ってもらい、キャンドルを一気に吹き消しました(笑)。

吹き消す瞬間を撮ろうと思って、カメラを構えていたのに

写真に収める時間もなかったくらいの、一瞬の早業(><)

a0246456_352393.jpg




本当にここまでくるの、あっという間でした。

ついこの間まで小学生だと思っていたのに。

あと何年一緒に暮らせるのかなぁ・・・。





成長は嬉しいけれど、もし戻れるものなら

ママはまた幼稚園時代のメーガンに戻ってほしいよ。

a0246456_4102837.jpg



寝苦しい暑い夜に、眠りに落ちるまで団扇で仰ぎながらたくさんの童謡を歌ったこと、

毎晩、メーガンの好きな絵本を選ばせて読み聞かせをしたこと、

なかなか眠れない夜にはずっと背中をさすってあげたこと、

真夜中に夜泣きして起きてきた時に一緒に添い寝したこと。


その一つ一つの、ささやかな日常の思い出が

今となってはこんなに愛おしいと思うようになるなんて。

だからママはもう一度、幼稚園時代のメーガンに戻ってもらって

またそんな時間をもう一度過ごしたいの。


16歳、おめでとう。



・・・本当は盛大なパーティをしてほしかったのかもね?!(^_^;)



# by tachimayu | 2017-02-02 04:27 | 子育て、家族 | Comments(4)
2017年 01月 13日
新年会2017

a0246456_1353931.jpg

毎年恒例の、”お正月気分もすっかり抜けた頃” に行う新年会。

子供達の学校も始まったことだし、ようやく大人だけでゆっくりと。





まずは(私の大好きな)アワアワで乾杯♪
a0246456_1361943.jpg

この写真、撮るの大変だった・・・。

左手でグラス抱え、右手でシャッター押す、かなり滑稽な自分。(右手プルプル)

すっかりブレてるし(汗)







今年も3段重、作りました。

 photo 3jyua_zpsojcbgjoh.jpg

これが終わると、ようやく私にもお正月が来たって実感が・・・・。

a0246456_338523.jpg





参加の皆さんもいろいろ作って来てくれましたよ~。
a0246456_13134028.jpg

和歌山出身のKさんの作る関西風お雑煮は、白味噌仕立て。

Kさんお手製の玄米餅入り。食感がプチプチしていて食べごたえがあります。

東北の醤油ベースのお雑煮を食べ慣れている私からすると、白味噌のお雑煮は新鮮な味。

Yさんの納豆チラシは安定の美味しさ。これ、ウチの子供達も大好きです。






a0246456_13322253.jpg

Nさんのお持たせのスターフルーツ、木で熟れた状態のを収穫したので

甘さが際立って、ジューシーで美味しかったです。

他にもシャンパンやドリンク類をありがとうございました。

私と同郷のKさんお手製の抹茶ロールケーキ、ふわふわで美味しかったです。

「かげろう」は和歌山のご実家から送られてくる貴重なお菓子を、

Kさんが持ってきてくれました。





アメリカの、それもこんな片田舎だと

外食にはあまり期待できないのが悲しい現実ですが、

こうして日本人同士で持ち寄って集まると、

外で食べるよりよっぽど美味しいものが食べれます。

しかも、日本各地から集まっているので(笑)

日本にいたらおそらく口にすることもないような食体験ができ、得した気分♪



つい2週間くらい前にも忘年会で集まったばかりですが、

今年もこのメンバーで新しい年を迎えることが出来たのは何よりです。




今、これを書きながらふと思いついたのですが、

せっかくだったから新年の抱負を一人ずつ宣言すれば良かった~。

バカ話ばっかりして(いつものことだけど・・・)爆笑してないで、

もっと”大人らしい”品格のある新年会にしなければ‼




a0246456_139456.jpg


よし、来年は新年会にみんなで抱負を述べ合おうか?!






# by tachimayu | 2017-01-13 15:30 | 季節のイベントごと | Comments(2)
2017年 01月 02日
謹賀新年2017


a0246456_139268.jpg


生け花の師匠の母上、今年の出来はどうでしょうか?笑


*************************


クリスマスが終わったかと思ったら、あっという間に新しい年が。

大掃除をする時間もないまま、年の瀬を迎えてしまいました(汗)。






大晦日の前日には、ここ数年の恒例になっているYさん宅でのお寿司忘年会。

今年も豪華でした♪

a0246456_14213934.jpg

エビの天ぷら、かなり大きくてプリップリ。

自宅で天ぷらなどの揚げ物って難しいのに、すごくサクサクで上手~~。

しかもこれ、Yさんのご主人が自分で釣ったエビですよ!


他にはコンク貝(北寄貝の味や食感によく似ています)やハマチ、マグロのたたきや

巻物、お刺身などなど、目移りしてしまうほどのメニューが揃っていました。

あ、それから飾りで添えてあるキュウリやケール、これもYさんのご主人の

家庭菜園で採れた野菜。どこまで凄いんだ~~!!


新潟の八海山の発砲濁り酒は、新潟出身のNさんがわざわざ日本から

持参した貴重なもの。


へたに外にご飯を食べに行くより、ずっと豪華で美味しい食事が出来るんだから

有り難いことです。


時間に規制がないので、夜中の1時半過ぎまで宴は続きました。

買い出しから準備、料理、後片付けまで大変だったと思います。

Yさん、Iピー、改めて本当にご馳走様&ありがとうございました。

この忘年会のお陰で、”あぁ・・・1年も終わりだなぁ”という〆の気分になります。


*******************************



そして大晦日は家族ぐるみでお付き合いしている友人家族宅で、カウントダウンパーティ。

大人はテキーラショットを2回したり(そう、頑張りましたよ!)、

大人も子供もみんなで様々なゲームをしたり。

あ、”二人羽織”もしたんだけど、これがなかなか盛り上がりました!

いつもなら9時過ぎにはカウチで撃沈してしまうニコールも、

この日は驚くことに起きていて、みんなでカウントダウン出来ました。

年が明けてからは裏庭で花火をしたり、お喋りしたりと

結局この夜は2時過ぎに帰宅。



その数時間後の元旦には、この↑同じ友人家族と朝食を食べに行ってきました。

みんな遅くまで起きていたので、眠そうでしたが(笑)

元旦の今日はとっても気持ちの良い過ごしやすい気温だったので、

外のテーブルに着いて食事しました。暑過ぎず、寒過ぎず、パーフェクトな天気でした。

この時期のフロリダは本当に過ごし易くて好きです。


日本人の私としては、元旦なので御節やお雑煮を食べたいところですが、

こってりのアメリカンをがっつり食べてきました(笑)

a0246456_1433819.jpg


まぁ、こんな元旦も悪くないです。



*****************************



さて、昨年は年越しが忙し過ぎてブログを更新できなかったのですが、

毎年恒例にしている、”あなたの1年を漢字で一文字”をいまさらながら。


「速」かな。


これは年々感じていることだけど、特に昨年は1年過ぎるのが異常なくらい

速く感じました。

数年前に仕事を始めてからというもの、とにかく1年間が過ぎるのがあっという間。

子供達の成長もしかり。瞬きしている間に大きくなってしまう。

特に2016年はとうとう50代に突入したということで、

なんとなく気分的に例年より早く感じたのか?!

これからますます加速していきそう。

a0246456_15242833.jpg


何はともあれ、家族もみな健康で無事に1年を過ごせたことを

有り難く思い、2017年も良い年にします。


ここ数年は両手で数えられる程度の更新になっている私のブログですが、

細々と続けていくつもりですので、今後もこちらをどうぞよろしくお願いします。






# by tachimayu | 2017-01-02 14:46 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2016年 12月 30日
クリスマス2016


a0246456_15253349.jpg


2008年のクリスマスツリー。ジャクソンビルにて。

このお家、1930年代に建てられた古い小さなお家だったけれど、

私好みのHistoricalな家で、オリジナルのハードウッドフロアやクラウンモールディング、

昔の建築特有の手延べガラス窓、プラスター壁など、

細部にわたって現代ではもう作られていない

古き良き時代の名残を留めている貴重な家でした。



****************************


なんだかブログの更新も、クリスマスと新年会、お雛祭り、

そして子供達の誕生日ぐらいになってきた感じですが、ちゃんと元気でやっています。

前回のブログからもう6か月も経っているんですね(驚)



2016年が終わってしまう前に、例年通り今年のクリスマスのことをアップしておきます。

・・・とはいっても、毎年同じものを作り、同じものを飾っているので

似たような写真ばかりになってしまいますが。




12月ってやることがいっぱいあって(お金もどんどん出ていくし・・・汗)

なんだかあっという間に駆け抜けていく月。気持ちだけが焦る。

クリスマスが終わったかと思ったら、すぐに年越し&お正月の心配を

しなくちゃいけないんだから、せめて2週間くらい間があればいいのに。

タイムマネージメントの極端に下手な私はそういう理由で

12月はなんだか苦手な月…(苦笑)


a0246456_15311118.jpg



今年も子供達が冬休みに入ってからクリスマス用のクッキーを焼き、

ジンジャーブレッドハウスを作り、ブッシュ・ド・ノエルを作り・・・・と、

クリスマス恒例のベーキング祭り(笑)


a0246456_15304272.jpg


子供達もすっかり要領や手順を覚え、かなり頼りになる存在(戦力)に

なっているのでだいぶ助かっています。

スノウフレークの形をしたジンジャークッキーを、オーナメント飾りにもしてみました♪





a0246456_15325125.jpg



毎年招待する友人家族とのクリスマスディナー会も楽しく終えることができ、

その後はジャクソンビルへ数日間行ってきました。


*********************


テネシー在住の友人Mさん家族と、St.Augustineで再会。

ここのブログでも過去に何度か紹介したことがありますが、

Mさんの義母宅はなかなかユニークなお宅で、フォトジェニック。

a0246456_1683661.jpg






10年前の子供達と、
a0246456_161091.jpg

a0246456_16383991.jpg

a0246456_16105191.jpg




現在の子供達。
a0246456_16115711.jpg

a0246456_169159.jpg

東京の幼稚園時代からずっと続いているMさんとのお付き合いは、

アメリカに引っ越してきてそれぞれ離れた場所で暮らしている今も

変わらずにいるので、本当にご縁に感謝したい。



ちなみにこれは2013年の夏。我が家で会った時の写真。
a0246456_16195244.jpg

たった3年前なのに、子供たちがぐっと成長していることに驚くと共に

3年の月日の重さを実感。




**********************


義妹の家で、家族揃ってアフタークリスマスのディナー会をしたり。
a0246456_1714454.jpg


義妹宅の裏庭にはホタルやフクロウの出現する森と小川があり、

ウチのおてんば娘らは、義妹の息子3人といつも洋服びしょ濡れ&泥まみれになって

遊ぶのが恒例になっています(シミになってもいいTシャツや靴を毎回持参・笑)

ある意味、とても原始的で子供本来の遊び方だと思うので

私としてはかなりオーケー‼笑


*************************


そして私が5レンジャー隊と呼んでいる(Nさんが引っ越してしまってからは、

4レンジャー隊になっちゃったけど・・・)皆とも会い、楽しいひとときを。

以前住んでいた、愛着のあるSan Marcoに出来たコーヒーショップ。
a0246456_16273917.jpg

小さいコミュニティだけど、洒落たエリア。

徒歩やチャリでいろんなお店やカフェに行けていた生活が恋しいな。

ジャクソンビルで親しい友人と過ごす時間は、

私にとって癒しでもあり、オアシスみたいなもの。

年の瀬前にたっぷり充電して来ることができました!


*************



さて明日は毎年恒例の忘年会。

たっぷりお寿司をいただいてきます♪

またのちほど~~。



# by tachimayu | 2016-12-30 17:04 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2016年 06月 20日
個展

a0246456_14513857.jpg

5月の後半から既に子供達の夏休み、始まっています。

_____________________________


そんな中、Hiromiちゃんのアートショーへ行ってきました。

ここからさらに2時間ほど南下したところにモリカミ・ミュージアムがあるのですが、

そこにてHiromiちゃんの個展が開催されました。


a0246456_14552750.jpg



これまで行ってきたソロのアートショーとしては一番大きい規模らしく、

オープニングショーに訪れた人もとても多かったです。


カクテルアワーと言いますか、最初に食事が提供され、まずは腹ごしらえです(笑)

お寿司、餃子、シューマイ、春巻き、サンドイッチ、揚げ胡麻団子、フルーツなどなど・・・。

もちろん、お酒の用意もされていました。




次にシアターにて、キュレーターのタマラさんが

Hiromiちゃんの作品のIntroductionをしました。

ポワーポイントにて作品のコンセプト、歴史や文化の背景についての説明があり

最後にアーティストのHiromiちゃんを紹介すると会場から拍手が。

a0246456_15523020.jpg


作品の展示方法もカッコよくて、Hiromiちゃんの作品の良さがいっそう際立っていたと思います。

会場ではHiromiちゃんの回りに大きな人だかりが出来、まるで囲み取材そのもの。

作品や作業についていろいろ質問したい人、Hiromiちゃんと一緒に写真を撮りたい人、

みなさん砂糖に群がるアリのように、わ~~っとたかっています(笑)
a0246456_15532389.jpg




とにかく大成功に終わったアートショー。

来月には、MorikamiでのHiromiちゃんの2回目となるワークショップが行われる予定。

お疲れ様でした。そしておめでとう!

a0246456_161043100.jpg






ちなみに、日本の籠の展示もしていました。

昔の農具として使われていたのか、年季が入り飴色に変化した籠や

コンテンポラリーなシェイプの近代的な籠など、

”バスケット”ではない、”日本の籠”がとっても素敵でした。
a0246456_15493499.jpg




*******************



ここ数年ほど毎年恒例になっている、夏の合宿、今年もやりましたよぉ~。

a0246456_15433475.jpg


ニコールのバースデーの時に利用したポッタリーのお店、また行ってきました!

軽~く3時間くらいかけて(笑)、じっくり取り組んでいました。






最終日はCocoa Villageにも行き、ウィンドウショッピングをしたり、ランチしたり。

もう既に真夏の日差しが照り付ける(それプラス、物凄い湿度も~)フロリダだけど、

水辺の桟橋をぶらぶらしていると、風もほどよく吹いてくる。


a0246456_15515455.jpg


アンティークショップでは一目惚れしたキャンドルホルダーを買い、

Wood Ovenのあるお気に入りのカフェで美味しいランチも食べ(ちなみにこのカフェ、オバマ大統領も来た事あり)

大満足の一日でした♪



・・・・あぁ、それにしても(毎年言ってることだけど)

フロリダの夏は、どうしてこうも蒸し暑い?!






# by tachimayu | 2016-06-20 13:30 | アメリカ生活 | Comments(2)
2016年 05月 17日
日本を紹介&Creativity

a0246456_13322924.jpg


2か月前の事になるけれど、ニコールの学校の歴史の先生にお願いされて、

「日本のお弁当文化」についてゲストスピーカーとしてプレゼンしてきました。




BENTOは、アメリカでもじわじわと知名度が上がってきているようで

BENTOボックス(お弁当箱)が売られているのを見かけるようになりました。



ただ、アメリカの6年生の子供達が、果たして日本のお弁当文化に興味を示すのか?!

はなはだ疑問ではありましたが・・・。



a0246456_13512835.jpg


当日は、これまで私が子供達に作ってきた数々のお弁当の写真や、

日本のコンビニ弁当、駅弁などの写真をディスプレイボードに貼り、

レポート用紙6枚にお弁当の歴史や文化、日本人とお弁当の関係などをまとめ

緊張しながら挑みました。



ところが意外や意外、昨今の日本アニメ&キャラクターブームのためか、

思っていたよりも日本のお弁当文化に興味を示す子が多かったです。


a0246456_9421984.jpg

実際にお弁当グッズを手に取って見てみたり、写真の中のお弁当について質問があがったり。



全部で3クラスのプレゼンをしたのですが、最後の授業の際に

先生がホワイトボードに日本語で大きく「ありがとうございました」と書いてくれていました。↓↓

a0246456_1257117.jpg

こういう小さなことが嬉しいものですね、相手に対するちょっとした感謝や

尊敬の気持ちが見てとれて。。。



*****


同じ歴史の先生からのリクエストで、

International Heritage Night(国際交流のようなもの)という学校のイベントの

お手伝いとしてボランティアもしました。


・・・隣のブースのインドネシアの料理が美味しそうで、気になる気になる(笑)


一緒に日本ブースに立った方が、なんと数年前に三沢に住んでいたと知り、

地元の話題で盛り上がりました。

こんな片田舎で、私の故郷を知っている人に出会うのもなかなかないこと。



a0246456_1258913.jpg

ニコールのリクエストで浴衣を着せました。

インドのサリーを着ていたり、民族衣装を着て参加している人達もいました。


歴史の先生からは後日、「ありがとうございました」のメッセージ付きの

お花をいただきました♪
a0246456_12585417.jpg

いろいろな人種の住むアメリカならではのこんな文化交流、

少しでも日本を知ってもらう良い機会でした。




***************************



久しぶりにニコールの作品を紹介。




ニコールの3月の誕生日プレゼントの一つとして、生地を2種類買ってあげました。

そしたらこんな洋服を作りました。


a0246456_12594977.jpg

夏らしいワンピース。





そして、こっちは2ピースです。

a0246456_1303986.jpg


ウエストの部分を折り返して履けるスカート。

ストレッチ素材なので、しわになりにくく、乾きも早く、着易い生地。



カメラを向けるといちいちポーズをとるのが、ちょっと・・・ですが(苦笑)

せっかく作った洋服、少しでも良く見せたいのでしょう。




この2つの洋服、デザインのアイディアはなかなかよく出来ていると思いました。

ただ、難をあげれば、もう少し丁寧に仕上げれば“手作り”と分からないのに、

急いで作ろうとするからか、何となく全体的に雑なイメージ。



毎回そうなんだけど、(自分の寸法は図っていますが)型紙を一切使わず、

フリーハンドで大胆に布をカットしてそして大胆にミシンで縫っているから、

そういった自己流ではなく、裁縫の基礎をしっかり教えてもらって丁寧な作業をすれば、

もしかしたらもっとクオリティの高いモノが出来るんじゃないかな、と思うのですが。






そして、そして、さらに親ばか炸裂で申し訳ないのですが(苦笑)、最後にこちらも。

a0246456_131204.jpg

極細のサインペンで描いた絵。

この手の絵は前からよく描いていたのですが、これはその中でも手の込んだ絵。




去年からハマっている、ヘナアートもこんな画風。

a0246456_13315779.jpg




また何か面白い作品を作ったら、いつものようにここで紹介しますね。





# by tachimayu | 2016-05-17 13:55 | アメリカ生活 | Comments(2)
2016年 04月 10日
12歳のバースデー

a0246456_1502621.jpg

ここ1~2週間ちょっと忙しく、タイムリーに更新できませんでしたが、
ニコールが先日、3月29日に12歳になりました。



そこで、仲の良いお友達を呼んで、恒例のバースデー会。


今年は10人招待したのですが、なんとその中に3組もの双子が。
同じ市内に住んでいる私の友人の中にも、双子のお子さんがいる方が2人いるし、
なんだかこの町、双子率高し⁈




******************************



今年は前からずっと気になっていた、このPottery(陶器焼き物)にて。

これが大正解でした!




まず、素焼きされている陶器の中から自分の好きな器を選びます。
価格は陶器の底部分に表示されています。

a0246456_1418169.jpg
子供達には動物やキャラクターものが人気があったけど、
私だったらお皿やボウル、ティポット、マグなどやってみたいな。
創作意欲がわいてきそう♪


それをレジに持っていき、まず料金を支払います。

この料金にはペイントブラシや塗料、焼いてもらう仕上がりまで
含まれています。とっても良いDeal。
スタッフの方が簡単な工程の説明をしてくれ・・・。



あとは好きなテーブルに着き、好きな塗料を選びます。
a0246456_14211853.jpg








思い思いのデザイン、色を塗り・・・。
a0246456_1421568.jpg







メーガンとニコールの作品。
a0246456_14225031.jpg

ヒトデはメーガン、テディベアはニコール。




仕上がったらスタッフのところへ持っていき、
焼きあがりの日を教えてもらって、後日また取りに行きます。




ここは好きな時間にふらりと行って、自由に好きなように出来るのが魅力。
周りを見てもカップルや家族連れが多く、みんな黙々と、あるいはお喋りしながら
楽しそうに作業していました。


食べ物、飲み物の持ち込みもOKで、私達もピザのデリバリーを
ここ宛にして届けてもらいました。


今度、夏休みに家族で、あるいは友人らとぜひ行って見ようと思っています。




*************************

さて、Potteryでの作業が終わった後は、みんな我が家へきて
バースデーケーキタイム。




今年はエディブル・フラワーのデコレーションケーキにしてみました。
a0246456_15444250.jpg






みんなにバースデーソングを歌ってもらい、キャンドルを吹き消し、
プレゼントを開けて・・・。
a0246456_15121760.jpg






あとはプール遊び。
a0246456_15131972.jpg







10人の友達のお泊り・・・・いったいどこにどうやって寝るのかしら?!
と思っていたら、リビングルームいっぱいにエアマットレスやら
ベッドのマットレスを敷き詰めて、足場がない状態に・・・(汗)
まるで合宿状態。あるいは修学旅行並み?!

夜はなんと2時半頃まで起きて映画を観ながらポップコーンを食べ、
わいわいガヤガヤとお喋りしたり、笑ったり、奇声を発したりと
もう、うるさい、うるさい(苦笑)。

当のバースデーガールのニコールはというと、
とっくの前に(10時頃⁈)夢の中。Zzzzz・・・

この人、いつもそう。
お泊りに来た友達らがずっと夜更かしして大騒ぎしている中、
あの喧騒の中、平気でぐっすり眠っているんだから、まぁ大したものだわ。



それにしても恐るべし、アメリカの12歳女子 (^^:)
とにかくうるさい、人の言う事は聞いているんだか、どうなんだか・・・。
補習校の私の担任する5歳児の子供達の方が、
よっぽど静かでお行儀が良いし、聞きわけが良いなと思ったほど。

こんな大勢でのお泊りは今回で最後かな(苦笑)
歳のせいもあってか、この週末の寝不足と疲れが月曜日まで残りました(ノ_-;) 。



小さい頃はホントにやんちゃだったニコール。
将来どうなるものやら・・・と心配したけれど、
今では人の心の痛みが分かる友達想いの優しい子になり、
それはそれで良いことなんだけど、
あまりに遠慮して友達に言いたいことを言えなかったり、気を使ったり。

日本にいる友人がこれぞ、まさにニコール‼と表現してくれた、
「自由奔放」「威風堂々」「天真爛漫」
やっぱり今後もこれでいかないとね(笑)


しょっちゅう飲み物をこぼしたり、物を無くしたり、壊したり、
お片付けが出来なかったり、落ち着きがなくて、
いったいどんな大人になるんだろう?!と不安にさせてくれるけれど(苦笑)
これからもママとダディはニコールのNo.1ファンでいるよ。








# by tachimayu | 2016-04-10 16:29 | 子育て、家族 | Comments(0)
2016年 04月 05日
サバンナへ小旅行と、Big 50

a0246456_15445313.jpg


春休みに家族でジョージア州のサバンナへ行ってきました。

6年前に友人と初めて訪れて、とても気に入った街。
それ以来、また必ず再訪したいと思っていたので、念願かなって嬉しかったです。


あいにくの曇り空に、時折雨も降ったりの天候でしたが、
常々、写真撮影には曇り空がピッタリと個人的には思っているので、かえって良かったくらい。
(トップの写真の雰囲気も、ぴーかんの天気では撮れない図だと思います)






なにしろ雰囲気の良い街。
歴史的な街並みや建造物を再生・保存した観光都市なので
違う世界にタイムトリップした気分になります。
大好きなレンガの建物があちらこちらに・・・。



 photo sa-a_zpsdfzgm1fz.jpg

スクエアと呼ばれる公園が24か所あり、街中をぶらぶら散策していると
緑がいっぱいで本当に気持ちが良い。


前回も今回も偶然に同じ週末に訪れたわけだけど、
今回はあまり期待したほど春の花は咲き乱れていなかったのが、残念。
6年前はいたるところでツツジ、チューリップ、そしてなんと桜まで満開でした。


南部特有のLive Oak(樫の木)がアーチのような形で道路を覆い、
スパニッシュモスがぶら下がっている様は、まさに南部の風景そのもの。

 photo sa4-a_zpshpjjcjzx.jpg








サバンナは映画「真夜中のサバナ」の舞台になったり、
「フォレスト・ガンプ」のロケ地の一つでもあります。

 photo sa3-a_zpsr6jntyhl.jpg








玄関先が地上から2~3段下がっていて可愛い小窓があったり、
階段の下にちょっとした屋外スペースがあったりと、
とってもチャーミングなエントランスのお家が多いです。

 photo sa2-a_zps0efpgyb8.jpg









左の写真のお店は、私のお気に入りのソープ屋さんの本店。

 photo sa5-a_zpspapfzrxa.jpg

そして真ん中のミュージアムは、コンテンポラリーな外観に惹かれて
ぜひ中に入ってみたいと思ったものの、すでに閉館していて残念ながら入館できず。
なんと、Hiromiちゃんの作品が展示されていたと後から知り、
ますます地団駄を踏む思いでした~(><)







緑があって、花があって、港があって、歴史的建造物もあって、と
観光客を惹きつける要素がいっぱいの街、フォトジェニックな街でもあります。
360度、どこを見ても写真撮影したくなる風景ばかり。

前回友人と宿泊したB&Bの、すぐ隣の建物。
サバンナってメインストリートから外れた小路や裏道などもなかなか素敵で、
そこが何となく京都の路地の魅力にも似ているかもしれない。

 photo forely-inn_zps0fkkabgr.jpg

文句なしに私の好みにピッタリな街です。

春休みの良い息抜きになりました。







****************************





さて、今年の3月20日についに50歳を迎えてしまいました。

40歳になった時も”あぁ、もう30代とはお別れかぁ・・・”と
一抹の寂しさを感じましたが、50歳はまた別物。
”老後の不安”という文字がちらつき始めます(苦笑)

でも、落ち込むことなく、明るく素敵な50代にしていこうと
心に決めました。(ま、体力の衰えから目を背けることはできませんが*苦笑)


仲の良い友人らがお祝いをしてくれました。


 photo HB_zps5nthxwlp.jpg

海鮮鍋・・・〆で食べた”おじや”がもう美味し過ぎ‼魚介類の出汁が最高。
さすがはお米どころ新潟出身のNさん、美味しい新潟産の
もち米を使ったおこわ(でしたよね?!)も美味しかったです。

ケーキ。見た目は超~甘そうでしょ?
ところが食べてみてびっくり。日本人の私達のクチにも合う、ちょうど良い甘さ。
なによりも口の中に入ると、ふわっふわの食感でそれにも驚き。
ここのケーキ、気に入ったので他のも試してみなくちゃ!


プレゼントもいただき、有り難いことです♪
夜遅くまで宴は続きました(^^)

みなさん、本当にどうもありがとうございました!




**********************


そして、このチョコレートケーキ。
a0246456_15453145.jpg


誰が作ったと思いますか?





↓↓↓ こ奴です(笑)

a0246456_1555418.jpg


生まれて初めてケーキを焼いたのです。



とある日。
メーガンは友人宅へ遊びに行っていて不在、旦那は仕事に行っている日中。

「ママ、ちょっと試してみたいケーキがあるからオーブン使っていい?」
と聞くので、”それなら手伝おうか?”と言うと、自分一人で全部やってみたいとのこと。


”あ~~あ・・・また後片付け、結局私がやる羽目になるわけ~⁈”
と不満に思いながらも、しぶしぶ承諾したんだけど。


2時間後くらいにパソコンに座っている私に

「♪Happy Birthday to you~♪」

とキャンドルのついたケーキを、歌いながら持ってきてくれたニコール。


これにはビックリ‼
そして快くやらせてあげなかったことを、ちょっと反省の母。


スポンジが固かったり、デコレーションも自分の思うように
できなかったらしいけれど、私からしたら初めてのケーキにしては
上出来だと思いました。
ちゃんとキャンドルも自分で刺して、火もつけたところも素晴らしい・笑
何より”ママに作ってあげて喜ばせたい“という気持ちでじゅうぶん嬉しいよね。


友人や家族にお祝いしてもらって、本当に良い誕生日でした(^^)







# by tachimayu | 2016-04-05 10:12 | おでかけ | Comments(0)
2016年 03月 05日
大人の雛祭り会2016


a0246456_883562.jpg


一年で一番好きな季節がやってきました。

3月大好き。春大好き。





****************



年々、子供達の雛飾りの手際が良くなってきて

今年もあっという間に飾り終えました。

夜、雛人形を飾っている部屋を通るときに見える、ぼぉ~~っと淡く灯る雪洞にほっとする。
a0246456_891372.jpg









私がもしこの雛段の中の誰かになれるとしたら・・・?




迷わず「三人官女」を選ぶな(笑)

子供達にも聞いてみたら、これまた同じ答えが。

お雛様はクイーンということで、いろいろ気苦労も多そうで(^^:)





前にも書いたかもしれないけれど、小学校の時の担任が

「雛飾りというのは、階級を表したもの。

世の中に階級などというものがあってはいけません。

ああいうものを飾る気持ちが理解できない。」

と言って、当時まだ4~5年生くらいだった私に衝撃を与えてくれたっけ(苦笑)
a0246456_894335.jpg






************



今年も3月3日に、いつもの友人5人集まって雛祭り会をしました。



毎年作るメニューは同じなんだけど、それでもこの時期にだけ出回る

菜の花を調理したり、ちらし寿司をスクラッチから作っていると、

一年に一度のお祝い事の大切さやウキウキする気持ちが高まってきて、なかなか良いもの。

a0246456_8111551.jpg
左から菜の花のたらこソースがけ、春のちらし寿司、ハマグリの潮汁。




a0246456_8113533.jpg
桜の花の塩漬けの茶わん蒸し、ピーチ・シャルロット、ドリンク類。




この日(3月3日)お誕生日だった友人と、次の日の3月4日お誕生日の友人のバースデー祝いも兼ねて。
a0246456_919434.jpg
バースデーケーキじゃなくてごめんね(^^:)




そしてこちらは、日本への里帰りから戻ったばかりの友人の差し入れ。
a0246456_99775.jpg
左から桜饅頭、京都のおたべ、

そしてなんだかとっても目出度そうな(笑)落雁。・・・聖徳太子かしら?

桜饅頭、超美味でした♪

N子さん、いつもいつも日本からの貴重なGoodies、どうもありがとうございます(^^)






a0246456_8202255.jpg

このお内裏様、お雛様のセット、友人からの頂き物ですが、

とっても気に入っています♪








玄関にも小さな小さな雛飾りを・・・(^^)
a0246456_9214478.jpg
今年も良いお雛祭りが出来ました♪







***おまけ***


母の作ったリンゴの籠(エコクラフト)。
ウチに遊びにくる友人らに好評です。
a0246456_913792.jpg



小物を収納しておくのにピッタリな、使い勝手の良いサイズ。
a0246456_9132294.jpg

私の故郷・青森はリンゴの産地。
そのせいか、何となく親近感を覚えてます(笑)








# by tachimayu | 2016-03-05 09:26 | 季節のイベントごと | Comments(0)
2016年 02月 06日
15歳のバースデーに寄せる想い


a0246456_6344240.jpg



もう過ぎてしまったけれど、1月27日はメーガンの15歳の誕生日でした。


15歳になったので、車の仮免許も取れる年齢。

今、テストを受けるためにいろいろやっています。

(・・・正直言って、あんまり早くに運転して欲しくないんだけど~~ ><)




何かとそそっかしく、あわてんぼうの母親の私よりも

落ち着いていてしっかりしているので、かなり頼りになる存在になってきました。

ちょっとしたことでオロオロする私とは対照的に

あまり物事に動じることもなく、クールな態度なのが時々笑える。



そういえばこの私の性格をよく知っている母が、メーガンがまだ4~5歳の頃から

「メィちゃん、ママは本当に忘れやすいから、どこに行っても

財布は?携帯は?っていつも確認してあげるんだよ」

とよく言ってきかせてたっけ(笑)




もしも高校卒業と共に巣立っていくことになるならば、あと3~4年くらいしか

一緒に過ごせない。そう思うと寂しいな。3年なんてあっという間だよ。




メーガンの好きなチョコレートケーキ。

見た目はともかく、とっても美味しく仕上がって満足満足。

a0246456_7481275.jpg



いつの間にか、洋服は貸し借りできるくらいに成長し、

足のサイズはとうとう追い越され、身長も160㎝ある私とほぼ同じ。

今まで見下ろしてきた娘を、今度は見上げる日が来るのもそう遠くないのかも。。。








 photo DSC_0753.jpg

メーガンが4~5歳の頃に、私に書いてくれたメモ?!というか手紙?


「まま、おばんになても ちかくのとこで すもね」

訳:「ママ、おばあちゃんになっても近くのとこに住もうね」



これ、まだとってある。

泣ける・・・(涙)





# by tachimayu | 2016-02-06 12:42 | 子育て、家族 | Comments(2)