<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2016年 04月 10日
12歳のバースデー

a0246456_1502621.jpg

ここ1~2週間ちょっと忙しく、タイムリーに更新できませんでしたが、
ニコールが先日、3月29日に12歳になりました。



そこで、仲の良いお友達を呼んで、恒例のバースデー会。


今年は10人招待したのですが、なんとその中に3組もの双子が。
同じ市内に住んでいる私の友人の中にも、双子のお子さんがいる方が2人いるし、
なんだかこの町、双子率高し⁈




******************************



今年は前からずっと気になっていた、このPottery(陶器焼き物)にて。

これが大正解でした!




まず、素焼きされている陶器の中から自分の好きな器を選びます。
価格は陶器の底部分に表示されています。

a0246456_1418169.jpg
子供達には動物やキャラクターものが人気があったけど、
私だったらお皿やボウル、ティポット、マグなどやってみたいな。
創作意欲がわいてきそう♪


それをレジに持っていき、まず料金を支払います。

この料金にはペイントブラシや塗料、焼いてもらう仕上がりまで
含まれています。とっても良いDeal。
スタッフの方が簡単な工程の説明をしてくれ・・・。



あとは好きなテーブルに着き、好きな塗料を選びます。
a0246456_14211853.jpg








思い思いのデザイン、色を塗り・・・。
a0246456_1421568.jpg







メーガンとニコールの作品。
a0246456_14225031.jpg

ヒトデはメーガン、テディベアはニコール。




仕上がったらスタッフのところへ持っていき、
焼きあがりの日を教えてもらって、後日また取りに行きます。




ここは好きな時間にふらりと行って、自由に好きなように出来るのが魅力。
周りを見てもカップルや家族連れが多く、みんな黙々と、あるいはお喋りしながら
楽しそうに作業していました。


食べ物、飲み物の持ち込みもOKで、私達もピザのデリバリーを
ここ宛にして届けてもらいました。


今度、夏休みに家族で、あるいは友人らとぜひ行って見ようと思っています。




*************************

さて、Potteryでの作業が終わった後は、みんな我が家へきて
バースデーケーキタイム。




今年はエディブル・フラワーのデコレーションケーキにしてみました。
a0246456_15444250.jpg






みんなにバースデーソングを歌ってもらい、キャンドルを吹き消し、
プレゼントを開けて・・・。
a0246456_15121760.jpg






あとはプール遊び。
a0246456_15131972.jpg







10人の友達のお泊り・・・・いったいどこにどうやって寝るのかしら?!
と思っていたら、リビングルームいっぱいにエアマットレスやら
ベッドのマットレスを敷き詰めて、足場がない状態に・・・(汗)
まるで合宿状態。あるいは修学旅行並み?!

夜はなんと2時半頃まで起きて映画を観ながらポップコーンを食べ、
わいわいガヤガヤとお喋りしたり、笑ったり、奇声を発したりと
もう、うるさい、うるさい(苦笑)。

当のバースデーガールのニコールはというと、
とっくの前に(10時頃⁈)夢の中。Zzzzz・・・

この人、いつもそう。
お泊りに来た友達らがずっと夜更かしして大騒ぎしている中、
あの喧騒の中、平気でぐっすり眠っているんだから、まぁ大したものだわ。



それにしても恐るべし、アメリカの12歳女子 (^^:)
とにかくうるさい、人の言う事は聞いているんだか、どうなんだか・・・。
補習校の私の担任する5歳児の子供達の方が、
よっぽど静かでお行儀が良いし、聞きわけが良いなと思ったほど。

こんな大勢でのお泊りは今回で最後かな(苦笑)
歳のせいもあってか、この週末の寝不足と疲れが月曜日まで残りました(ノ_-;) 。



小さい頃はホントにやんちゃだったニコール。
将来どうなるものやら・・・と心配したけれど、
今では人の心の痛みが分かる友達想いの優しい子になり、
それはそれで良いことなんだけど、
あまりに遠慮して友達に言いたいことを言えなかったり、気を使ったり。

日本にいる友人がこれぞ、まさにニコール‼と表現してくれた、
「自由奔放」「威風堂々」「天真爛漫」
やっぱり今後もこれでいかないとね(笑)


しょっちゅう飲み物をこぼしたり、物を無くしたり、壊したり、
お片付けが出来なかったり、落ち着きがなくて、
いったいどんな大人になるんだろう?!と不安にさせてくれるけれど(苦笑)
これからもママとダディはニコールのNo.1ファンでいるよ。







[PR]

by tachimayu | 2016-04-10 16:29 | 子育て、家族 | Comments(0)
2016年 04月 05日
サバンナへ小旅行と、Big 50

a0246456_15445313.jpg


春休みに家族でジョージア州のサバンナへ行ってきました。

6年前に友人と初めて訪れて、とても気に入った街。
それ以来、また必ず再訪したいと思っていたので、念願かなって嬉しかったです。


あいにくの曇り空に、時折雨も降ったりの天候でしたが、
常々、写真撮影には曇り空がピッタリと個人的には思っているので、かえって良かったくらい。
(トップの写真の雰囲気も、ぴーかんの天気では撮れない図だと思います)






なにしろ雰囲気の良い街。
歴史的な街並みや建造物を再生・保存した観光都市なので
違う世界にタイムトリップした気分になります。
大好きなレンガの建物があちらこちらに・・・。



 photo sa-a_zpsdfzgm1fz.jpg

スクエアと呼ばれる公園が22か所あり、街中をぶらぶら散策していると
緑がいっぱいで本当に気持ちが良い。


前回も今回も偶然に同じ週末に訪れたわけだけど、
今回はあまり期待したほど春の花は咲き乱れていなかったのが、残念。
6年前はいたるところでツツジ、チューリップ、そしてなんと桜まで満開でした。


南部特有のLive Oak(樫の木)がアーチのような形で道路を覆い、
スパニッシュモスがぶら下がっている様は、まさに南部の風景そのもの。

 photo sa4-a_zpshpjjcjzx.jpg








サバンナは映画「真夜中のサバナ」の舞台になったり、
「フォレスト・ガンプ」のロケ地の一つでもあります。

 photo sa3-a_zpsr6jntyhl.jpg








玄関先が地上から2~3段下がっていて可愛い小窓があったり、
階段の下にちょっとした屋外スペースがあったりと、
とってもチャーミングなエントランスのお家が多いです。

 photo sa2-a_zps0efpgyb8.jpg









左の写真のお店は、私のお気に入りのソープ屋さんの本店。

 photo sa5-a_zpspapfzrxa.jpg

そして真ん中のミュージアムは、コンテンポラリーな外観に惹かれて
ぜひ中に入ってみたいと思ったものの、すでに閉館していて残念ながら入館できず。
なんと、Hiromiちゃんの作品が展示されていたと後から知り、
ますます地団駄を踏む思いでした~(><)







緑があって、花があって、港があって、歴史的建造物もあって、と
観光客を惹きつける要素がいっぱいの街、フォトジェニックな街でもあります。
360度、どこを見ても写真撮影したくなる風景ばかり。

前回友人と宿泊したB&Bの、すぐ隣の建物。
サバンナってメインストリートから外れた小路や裏道などもなかなか素敵で、
そこが何となく京都の路地の魅力にも似ているかもしれない。

 photo forely-inn_zps0fkkabgr.jpg

文句なしに私の好みにピッタリな街です。

春休みの良い息抜きになりました。







****************************





さて、今年の3月20日についに50歳を迎えてしまいました。

40歳になった時も”あぁ、もう30代とはお別れかぁ・・・”と
一抹の寂しさを感じましたが、50歳はまた別物。
”老後の不安”という文字がちらつき始めます(苦笑)

でも、落ち込むことなく、明るく素敵な50代にしていこうと
心に決めました。(ま、体力の衰えから目を背けることはできませんが*苦笑)


仲の良い友人らがお祝いをしてくれました。


 photo HB_zps5nthxwlp.jpg

海鮮鍋・・・〆で食べた”おじや”がもう美味し過ぎ‼魚介類の出汁が最高。
さすがはお米どころ新潟出身のNさん、美味しい新潟産の
もち米を使ったおこわ(でしたよね?!)も美味しかったです。

ケーキ。見た目は超~甘そうでしょ?
ところが食べてみてびっくり。日本人の私達のクチにも合う、ちょうど良い甘さ。
なによりも口の中に入ると、ふわっふわの食感でそれにも驚き。
ここのケーキ、気に入ったので他のも試してみなくちゃ!


プレゼントもいただき、有り難いことです♪
夜遅くまで宴は続きました(^^)

みなさん、本当にどうもありがとうございました!




**********************


そして、このチョコレートケーキ。
a0246456_15453145.jpg


誰が作ったと思いますか?





↓↓↓ こ奴です(笑)

a0246456_1555418.jpg


生まれて初めてケーキを焼いたのです。



とある日。
メーガンは友人宅へ遊びに行っていて不在、旦那は仕事に行っている日中。

「ママ、ちょっと試してみたいケーキがあるからオーブン使っていい?」
と聞くので、”それなら手伝おうか?”と言うと、自分一人で全部やってみたいとのこと。


”あ~~あ・・・また後片付け、結局私がやる羽目になるわけ~⁈”
と不満に思いながらも、しぶしぶ承諾したんだけど。


2時間後くらいにパソコンに座っている私に

「♪Happy Birthday to you~♪」

とキャンドルのついたケーキを、歌いながら持ってきてくれたニコール。


これにはビックリ‼
そして快くやらせてあげなかったことを、ちょっと反省の母。


スポンジが固かったり、デコレーションも自分の思うように
できなかったらしいけれど、私からしたら初めてのケーキにしては
上出来だと思いました。
ちゃんとキャンドルも自分で刺して、火もつけたところも素晴らしい・笑
何より”ママに作ってあげて喜ばせたい“という気持ちでじゅうぶん嬉しいよね。


友人や家族にお祝いしてもらって、本当に良い誕生日でした(^^)






[PR]

by tachimayu | 2016-04-05 10:12 | おでかけ | Comments(0)