<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2013年 02月 21日
黒にんにく

a0246456_156388.jpg

これ、何だか分かりますか?

”にんにく”です、黒にんにく。


見た目は何だか美味しくなさそうですが、
食べてみてビックリ!!

まるでプルーンのような甘さなんです。
にんにくと知らずに食べたら、ドライフルーツ?!と
勘違いしちゃいそうな美味しさに、驚くと思います。
もはや、にんにくではない別物。




*************************


青森は国内にんにくの80%を生産しており、リンゴ同様に
”にんにくと言えば青森、青森と言えばにんにく”。


青森に住んでいる頃はにんにくを買う、という事が
ほとんどなかったので(お裾分けしてもらえた)
東京に住んでいる頃、スーパーで見たときはビックリ。

たくさんのにんにくが数珠繋ぎでネットに入っている方は
100円程度(中国産)と安値なのに対して、
その横にはたった一個のにんにくがなんと300円もする~!!
よく見てみると、やはり青森県産のにんにく。
青森の県南で生産されるにんにくは、もはやブランド化しているよう・・・。


(確かに粒は大きめですが)たった一個のにんにくに300円も~?!と
思うでしょうけど、切った時の断面が瑞々しいというのか、
ジューシーで風味も強く、やっぱり納得できる美味しさ。


**************************



そのにんにく産地である青森で作られた”黒にんにく”は、
にんにく独特の食後の匂いが一切なく、にんにく臭さを気にせず
おやつ感覚で毎日食べる事が出来ます。
ねっとりとした柔らかさと、フルーティな甘さがクセになりそう♪

熟成するため、色が黒くなり、甘さや栄養分が強くなるようで
生のにんにくより強い抗がん作用が期待できるそうです。
また、抗酸化活性も強いという研究結果も。

黒にんにくを使ったいろいろなレシピも出ています。
私は去年の夏に里帰りした際に、たくさん買い込んで来ましたが、
熟成にんにくのためか、賞味期限もわりと長くて、年末まで楽しむ事ができました。

・・・あまりに美味しいので、一回に何片も食べてしまいそうになるのが
玉に瑕なんですけどね(^^:)








***********************************



昨日、日本に住む友人家族から我が家に
バースデー・パッケージが届きました!(C&Aちゃん、ありがとう~^^)
我が家は1月と3月に、それぞれ2人ずつ誕生日が分かれているので
皆にそれぞれ何かを送ってくれました。




その中に、こういうユニークなモノも入っていました♪








東北地方のティッシュペーパー。

 photo DSC_2210_zps3e52631d.jpg  photo DSC_2213_zps3e12eb56.jpg

青い部分は東北6県の地図。
よく見ると、東北各地の名産品のイラストが描かれています。
色合いやデザインも可愛いね♪









 photo DSC_2215_zps13fdcb6d.jpg

左から青森弁(リンゴの絵)、秋田弁(なまはげの絵)、岩手弁(南部鉄器の絵)








 photo DSC_2214_zpse03bbe5a.jpg

これは同じ東北でも、自分にはほとんど馴染みのない(理解できない)方言かな。









同じ青森と言っても、やっぱり南部地方は
どちらかというと岩手の方言にだいぶ近いなぁ~とコレ見て思いました。

 photo DSC_2217_zpsd5eea75e.jpg

ながなが面白いちり紙だなす~(^^)。





[PR]

by tachimayu | 2013-02-21 06:47 | おいしいもの
2013年 02月 07日
小さな身体、大きな創造性



a0246456_156629.jpg


早いもので、もう2月も一週間過ぎてしまいましたね。


1月2日のお正月中に、友人がはるばる遊びに来てくれたので
ささやかながらオードブル形式の料理を用意し、
それを2人で食べながら楽しくお喋りしていたら・・・。






「デザート作ったよ~♪」
と、ニコールが何やら持って来てくれました。

 photo DSC_2162_zps0c6702c2.jpg

お皿の底面には、ちゃんと高台もついてる!






 photo DSC_2164_zpsebfdba69.jpg  photo DSC_2167_zps0583498c.jpg

ただの丸いケーキじゃありません、ちゃんとスライスもされています(笑)。
トッピングはブルーベリーだそうで、よくよく見ると
一つ一つ丁寧に貼られたブルーベリーには、
濃い青のマーカーでアクセントもされている~(笑)。







私達が”おぉぉ~~、凄いね~”と反応すると、気を良くしたのか
次から次へとどんどん出てくる出てくる(^^)


 photo DSC_2160_zps50590edd.jpg  photo DSC_2161_zpse79025d0.jpg  photo DSC_2173_zpse4a5a611.jpg

ロールケーキから、イチゴのショートケーキ、そしてフルーツの盛り合わせまで!
フルーツの入った黒い箱も手作り(^^)







 photo DSC_2175_zps2eadab1f.jpg

デザート勢揃い♪

何の下書きもなく、いきなりハサミでジョキジョキ切っちゃうので
精密さはないものの、そんな大胆さがニコールらしい。






****************************



そして、とっても感動した2つの作品を
ぜひ紹介したいと思います。




お友達、Nikoraさんの息子さん達の作品。






まずは弟のR君の絵。





 photo IMG_0955_zps599fed5d.jpg

一目見て、心をぐっと鷲づかみされたような衝撃!
迷いのない、躍動感あるタッチ。
まるで絵の巨匠が描いたかのようなダイナミックさで
6歳(・・・だったよね?!)の子の絵とは思えません。

もう、この絵に一目惚れ。
大きなフレームに入れて飾ったら、
ますます素敵だろうなぁ~と想像してしまいました。




______________________




そして次はお兄ちゃんのN君の詩。

 photo Scan-8_zps84d83a58.jpg

現在は3年生のN君ですが、当時1年生の頃に書いた詩だそう。

こういう発想って、なかなか出てこないですよね。
最後の一行でぐっときてしまいました。

これは母親への詩ですが、
例えばこんなラブレターをもらったら・・・・。
アイラブユーと単刀直入に言われるより、
たくさんの気持ちが込められているような気がして
感激しそう。

こんな言葉をプレゼントしてもらえるNikoraさんは
子供達に愛されていて、温かい繋がりを保っているんだろうな。
読んでいるこちらまで幸せな気持ち♪


まだこの世に生を受けて6~7年しか経っていない子供でも、
子供なりに感じた心を自分の知っている言葉で表現する・・・。
シンプルな言葉ばかり並んでいるけれど、
心に響くモノを創り出せる力。
スゴイなぁとつくづく思います。






そのN君とニコール。2006年の夏。

 photo Arjuna--Nicole-a_zpsf43f8c6f.jpg

2人ともこの頃は2歳だったね。あぁ~、とっても懐かしい~(^^)
(そして、日本が、東京が恋しい・・・・)






***************************





さて、最後に”我が家のピカソ”の絵も紹介させてね~ん。






 photo DSC_2189_zps0c53ef29.jpg


・・・相変わらず、なんともエキセントリックな画風なようで(苦笑)



ブログに残すと、成長と共に良い記録になりそうなので、
今後も何の脈絡もなくポツポツ紹介してみます。





[PR]

by tachimayu | 2013-02-07 02:43 | 子育て、家族