<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 30日
こだわりのレストラン




とても素敵なレストラン、行って来ました!







私の誕生日のお祝いにと、先週末の夜、友人がディナーに連れて行ってくれました。




着いた場所は、どうみても個人宅のような外観。
賑やかな通りから一本入った、住宅街のような
ひっそりとしたネイバーフッドにあるこのお店は、
控えめで小さな看板に気付かなければレストランだとは分からないくらい。






実は私、へそ曲がりなのか(苦笑)、
全国チェーンとか大型レストランのようなお店より
個人経営の、そこに一軒しかないような
小さなお店に心惹かれるところが昔からあり、
隠れ家的なお店とか、誰かの自宅へ遊びに来たような・・・とか、
そんな雰囲気の漂うお店がだぁ~いすき。

日本だったら古民家や、昔は酒蔵や倉庫だった建物をお店に改装したとか、
そんな”温故知新”的な活用をされているお店に
たまらなく魅力を感じてしまう。。。

・・・アメリカだったら、ローカル経営のダイナーとかも(笑)。



というわけで、ここもそんな”同じ匂い”がして、入る前から期待は高まります。



1926年(築86年!!)に住居用として建てられた家をレストランにしているので、
オープンスペースの店内ではなくて、区切られた部屋ごとにテーブル席があり、
それがまた個人宅へ食事に来ているかのような気分にさせられて、寛げる~。

  
 





コートヤードも人気のようで、来るお客さんのほとんどが外の席へ・・・。
オーナーのローラさんが私達にもコートヤードのエリアを見せてくれました。
(写真撮影に関してもとっても快く承諾してくれました)


今の季節は暑過ぎず、寒過ぎず、外で食事するにはパーフェクト。
キャンドルライトとティキ・ライトが良い雰囲気を出していて
屋外ならではの開放感が気持ち良さそう。





ローラさんが、自分で育てているチョコミントを摘んで
「ほら」と私達に手渡してくれて・・・。
お店の前庭にはローラさん手作りの畑があり、
そこで育った野菜がメニューに登場しているようです。

 


私の写真よりこちらのサイトの方がコートヤードの様子をキレイに撮っています。
夜の雰囲気がとっても良い感じ。是非ご覧になってください♪




*************************



ここのレストランの最大のモットーが、いわゆる”地産地消”。
とにかく調達する食材はローカルの新鮮な物、と言う事にこだわっているようです。
お店のHPを見ると、このページに食材の調達先のリストが出ていますが、
見事にこの辺り(中央フロリダ)の仕入先がずらりと。。


そのため、メニューは一定しておらず、
今日食べた物が次回もあるとは限らない、との事。
”一期一会”的なメニューとの出会い・・・。
その時その時で手に入る、新鮮な地元産の食材を見てから
シェフ独特のユニークな発想で、オリジナルメニューを生み出すんだとか。。。

これがむしろ私には魅力的に思えました。
来るたびに”今日はどんなメニューがあるのかな?!”
という新しい楽しみが増えることになるので。
オーガニックの食材も積極的に取り入れているそうですが、
一番のこだわりは、やはり”地元の産物を使う”ことらしいです。



メニューには「本しめじ」や「水菜」、そして「和牛」などの文字が。。。
そのまま”Hon Shimeji”という風に表示されています。



NYなどの大都会、アジア人の多く住むカリフォルニアならいざ知れず、
こんなビーチしかないような小~さな田舎町で、
”本しめじ”なんてメニューに載っていること自体、か~なり珍しいと思います。
よほどの食通か、食材に対しての知識がない限り、
聞いたこともないという人がほとんどでは。。




さて、肝心の食事ですが。。。



さっそく前菜でオーダーした本しめじのソテー。



私達日本人にとっては、お惣菜として食卓に出てきてもおかしくないような、美味しい一品。
ぜひご飯と一緒に頂きたいところです(笑)







手作りのパンと一緒に出てきたバター。口金を使ってキレイに搾り出しています。
こんな所にも”手を抜かないぞ”と言うこだわりを感じますね。
パンはもちろんお代わり自由。
(でもパンでお腹いっぱいにしたくないので、ほどほどで。。)




”ダックのパストラミ”との間でだいぶ迷ったけれど、
もう一つの前菜は結局、ワンタンに決定。

これは中に、”豚の角煮”に使うPork Bellyのお肉と、しいたけ、
そしてクリームチーズが入っていて(八角か、五香粉などのスパイスの隠し味も!)
それをスイートコーンのソースにつけて食べる一品。



これが、まぁ~美味しくて2人でうなりましたよ。





メインディッシュからは、フェットチーネを。
パスタ麺から手作りしているそうで、
2時間前に出来上がったパスタで調理されています。
(写真の写りがかなり悪いので、あんまり美味しそうに見えないかな・・・)



地元で獲れたMahi Mahiと、Cobia(日本で言うスギ、あるいはクロカンパチ)が
ごろごろ入っていて、バジル入りのマスカポーネと一緒に頂きます。

アメリカのレストランにありがちな、アルデンテなど無視!!の
離乳食並みに柔らかいパスタではなく(^^:)
しこしこ感のあるパスタで、こちらもかなりの高得点!

”2人でシェアしたい”と事前に話したら、お皿に別々にサーブしてくれました。






そして食後のデザート。
これがかなりユニークで、味覚的にサプライスの体験をしました。


まず一つは焼き洋梨に生姜抹茶アイスの乗ったもの。
温かい焼き洋梨に、ほのかな生姜味のする冷たい抹茶アイスが絶妙~♪
お~いし~い(^^) 器も斬新。







そしてもう一つ。
(友人が予約を入れる際、バースデーディナーだと告げたようで
キャンドルと一緒に出してくれました♪)



Honeybellという、1~3月辺りまでしか収穫できない期間限定の
甘いオレンジがあるのですが、その皮をオレンジピールにしたものを、
なんとハラペーニョのみじん切り入りの
辛~いシャーベットの上にトッピングさせているもの。

シャーベットはHoneybellの味もしますが、
なんといってもあの少量でも激辛のハラペーニョが
混ぜてあるわけですから、辛い辛い・・・
友人は2~3口くらい食べて、「もうダメだ、辛過ぎる・・・」と止めてしまいました。

私も辛いな~とは思ったものの、
上の砂糖漬けのオレンジピールと一緒に食べると
辛さが少し中和されて(?)何とか平らげることが出来ました。
ちなみにアイスクリームもシャーベットも、やはりお店の手作り。


それにしても本当にユニーク。
こんな、普通なら組み合わせないような食材をデザートに選ぶ辺り、
シェフの冒険心を感じます。




食後のコーヒー。
よくある、水っぽくて薄い味のアメリカンコーヒーではなく(苦笑)、
濃い目のローストのコーヒーの味。
こちらも注文してから淹れてくれるので、少し待ちました。
炭火焼コーヒーなど好きな人なら、気に入るでしょう。
私も濃い目が好きなので、満足満足。。。




食事が終わった後、しばらくしたら
本をテーブルにさりげなく置いていったので
「ん?本?!」と思っていたら、



Bill(お勘定)を本に挟んだのを持ってきたのでした。

こんな小さなところにも、何ていうのか
サービスのセンスの良さを感じて、またしても2人で感激。

Billの他に、お店に対する感想、今後食べてみたい食材、
新しいメニューへのサジェスチョン・・などのアンケート用紙が入っており、
とても積極的にお客とのコミュニケーションをとろうとしている姿勢が感じられました。



とにかくここのレストラン、皆さん、とても感じが良いのです。

ホール全体をオーナーのローラさん含めた3人のウエイター&ウエイトレスが
サーブしているのだけど、担当のテーブルなどないようで
3人でバランスよく全テーブルを廻っていました。
アメリカでよく出会う、チップ稼ぎのためだと思うけれど、
必要以上の作り笑いやお愛想を振りまくウエイトレスと違い、
あくまでも自然で謙虚、そしてとても丁寧な対応が心地良かったです。
心からサーブすることを楽しんでいる感じがしました。

私達はとにかくたくさん質問したのですが(笑)、
そのどの質問にも本当に丁寧に答えてくれて、それも感心したことの一つ。
例えば、食材の調達先や運搬方法までちゃんと熟知していて
”あ、ちょっとマネージャーに聞いてきます”なんていうのがありませんでした(^^:)



*****************

そうそう・・・。
いくらローカル産にこだわると言ったって、
さすがにフロリダで和牛を育てている・・・というわけにはいかないでしょうと思い、
どこから和牛肉を仕入れているのかと聞いてみたところ、
なんとフロリダ産でしたよ!!(驚)

Ocala(中央フロリダの町)のファームでちゃんと神戸ビーフの和牛を育てているそう。
ただ、数が少ないので年がら年中いつでも手に入るわけではなく、
メニューに登場するのも年に数回と限られているそう。
これには友人と2人で驚いてしまいました。
まさかフロリダで和牛肉が食べれられるとは、思ってもみませんでしたから。
(残念ながら、この夜は和牛はメニューにありませんでした)




こんなシェフのこだわりのある個性的なレストラン、この辺りでは貴重です。
これはかなりの大発見と友人と大喜びしてしまいました。


日本人って完璧さや本物を追求する職人肌の人が多いのか(?!)
東京までわざわざ行かなくとも、どんな小さな田舎町でさえ
料理人のこだわりを感じる美味しく粋なお店というのは探せるけれど、
アメリカの田舎ではそれはなかなか難しいです。

だからこそ、今回の発見はかなりテンションが上がりました(^^)



雰囲気良し、味良し、サービス良し。
ということで私達からは5つ星マークです♪
もうここ、リピート間違いなしのお気に入りレストランになりました。






こんな素敵で美味しいレストランで誕生日をお祝いしてもらえた私は幸せ者(^^)。
本当に感謝です。どうもありがとう、御馳走様でした(ペコリ)




[PR]

by tachimayu | 2012-03-30 11:46 | おいしいもの
2012年 03月 25日
大人の誕生会




ニコールがバースデーパーティの絵を描いていました。
色使いが何だか新鮮~(笑)。






気がつけば、もう3月も下旬。
お雛祭りの日記からずっ~とそのまんまで、ぼやぼやしている間に
私もひとつ歳をとってしまいました(苦笑)。





親しくしている仲間内に、3月生まれが私を含め3人いるのですが、
他の友人らが「3月生まれの合同お誕生会」を開いてくれました。

 

パーティを開いてくれたKさん宅には可愛いバルーンが飾ってあり
(年甲斐もなく・・・とは言わない、言わない^^:)たくさんのお料理が用意されていました。

シャンパン好きの私の好物も・・・(笑)
でもこの日は、甘めのリースリングを皆で乾杯に頂きました。





 

北海道・旭川出身のYさんの作ってくれたご飯は、山頭火ラーメン屋さんの”まかない飯”なんだとか。
旭川が発祥の山頭火ラーメン、私はまだ食べたことがありませんが、
このご飯、懐かしいラーメンの風味がしっかりしていて本当に美味しい”まかない飯”でしたよ。
Kさん手作りのシュウマイ(ジューシーでボリュームたっぷり!!)、ヒジキの煮物、
チャーシューなどなど、食べ応えのあるメニューが並びました。








そしてこの日のメインは豆乳鍋。身体に優しそうなメニューです♪
鶏肉や野菜から良い感じの出汁が溶け出していて、本当~に美味しかったです(^^)。
豆乳の青臭さなどは全くなく、コクがあってクリーミーなんだけどさっぱりしている・・・
スープとして何杯でもお代わりしたいほど。

そしてこの日初めて食べたんですけど、鍋の〆にこの薄切りのお餅を入れて
”お餅しゃぶしゃぶ”なるものを皆で楽しみました。
鍋の中にちょっと浸しておくだけで、トロ~リと柔らかく伸びて
それがコクのある汁ととってもマッチしていました。



以前、Kさん宅で雪見鍋もご馳走になったのですが、薄味の上品な味付けに
たっぷりの大根おろしと野菜や鶏肉のエキスがとても合っていて、
今でも忘れられない美味しいお鍋の味として、私達の間では語り継がれています。
〆に入れる手作りの玄米のお餅・・・手作り独特の玄米のプチプチした食感が香ばしくて
最後の最後まで感動したお鍋でした。

・・・Kさん、お鍋の達人と呼ばせてもらいます(笑)









最後はチーズケーキ・ファクトリーのチーズケーキをWholeで出してくれましたよん♪
桜の塩漬け入りロールケーキは、私が作って持参しました。

キャンドルを刺す時、”はて・・・何本刺せば??”と考えていたようでしたが、
私達、なんと3人合わせて合計152歳!!(驚)
152本も刺したら穴だらけのケーキになってしまう・・・と言う事で、
適当に7本くらいにしておきました(^^:)
バースデーソングの後に、3人で一緒に吹き消しましたよ。
とっても楽しかったです。


自分達の誕生会。
いつも子供達のお祝いの事ばかり考えているけれど、自分のってなかなか。。。
でもいくつになっても、やはりお祝いしてもらえるのは嬉しいものですね。
こうして美味しいお料理を手間隙かけて準備してくれたり、
誰かに”おめでとう”と言ってもらえるのは、やはり有難いです。

Kさん、Yさん、改めてどうもありがとうございました(^^)




 

誕生日当日の朝には、隣人の奥さんがお花とケーキを持ってきてくれました。
これもまたサプライズで嬉しかったです。



あと、日本にいる友人、アメリカに住んでいる友人からも
お祝いのメッセージ、カードなど頂きました。
なんだかちょっと気恥ずかしいけれど、でもやはり嬉しかったです(^^)
本当にどうもありがとうございました♪




[PR]

by tachimayu | 2012-03-25 12:34 | おいしいもの
2012年 03月 04日
お雛祭り会2012




桃の花が手に入らない土地なので、春の花でもある水仙で代用しました。
香りがとても良いです。







“そろそろ初夏?!”と思うほど、
この頃は麗らかで暖かい日が多くなってきました。

暦はもう3月。
3月生まれと言うこともあってか、季節の中で一番好きなのは春。

今は季節感のない土地に住んでいるので、四季の移ろいを感じることができずに
物寂しい気がしていますが、北国出身の私にとって
あの長~く厳しい冬の後にやってくる暖かい春は、ようやく待ち望んだ季節。

草木が芽吹き、花が咲き始め、暖かい空気に触れると
それだけで何だか良いことがありそうな、うきうきした気分になるものです。


そんな春に行われる桃の節句は、数ある行事の中でも私が最も大好きな行事。
今年もまたお雛祭り会を行いました。







お雛祭りのメニューや使う食材はだいたい定番の物なので(ハマグリとか菜の花とか・・・)
毎年似たようなメニューになってしまいますが、今年もその定番、作りました(笑)。



散らし寿司にハマグリの潮汁。
ここでは手に入らないのでえびっ子で代用しましたが、
イクラがあればもっと華やかでゴージャスになっただろうな~。

  


桜の塩漬けを乗せたミニ茶碗蒸し。そして菜の花の天婦羅。
天婦羅は抹茶塩で頂きました。






 

ニンニクとバルサミコ酢をきかせた、ホタテのカルパッチョ。
そして野菜のナムル。






友人達が持って来てくれたお料理。
チャプチェに生春巻き、そして今、日本で大ブームの「塩麹」を使った浅漬け。
どれもとっても美味しかったです(^^)




 

ドリンク類は冷たく冷やして。。。。
Yさんからの、おもたせのイチゴのロゼを皆で乾杯の時に頂きました。
甘くてと~っても美味しかったです。お雛祭りにはぴったりのピンクの色合い。






さて、お腹いっぱい食べたら、お楽しみのデザートタイム♪
どんなにお腹がきつくても、デザートは別腹、別腹・・・(笑)

   

日本から帰ってきたばかりのNさんのお土産、生八橋。
そしてYさんの手作りのイチゴ入りドラ焼きと、桜餅。
桜餅食べたの、とっても久しぶりでした。
これもやはり桃の節句に欠かせない和菓子かな。
餡子好きなので、餡子のバリエーションが楽しめて嬉しい(^^)




もうマンネリ?!と言うほど、毎年同じものを作っているんだけど、
今年もまた作りました、これ。定番です、もはや・・・(苦笑)。

 

年々、コツを掴んできて失敗せずに作れるようになってきたかな。
ピーチ・シャルロット。




限られた時間内での会食なので、お喋りしたり食べたり笑ったりしていると、
その時間はあっという間に過ぎて行き、気付けば解散の時間が。。。。



夜は、娘達とお雛様を眺めながら雛祭りディナーを楽しみました。
あ、ランチの残り物をちょっとキレイに盛り付けし直して・・・ね(^^:)


日本にいると、こういった季節の行事は学校や社会を通して
生活の中に自然に入り込んでくるので、子供達にも認識され易いけれど、
海外にいると親が意識してやらない限り、そんな行事の存在すら知らずに
育つ可能性も大きいかもしれません。

子供の頃の記憶の断片というのはなかなか侮れないもの。
母親の祖国の伝統行事も、大きくなった後に
どうかその記憶の中に残っていてくれれば良いのですが。。。




今年もこうして無事にお祝いすることが出来て、有難く嬉しく思いました。



ちなみに3月3日は、私達夫婦の23回目の結婚記念日でもありました♪




[PR]

by tachimayu | 2012-03-04 18:28 | 季節のイベントごと