カテゴリ:子育て、家族( 21 )

2013年 09月 08日
バイリンガル教育

a0246456_13411785.jpg


「East」と「Yeast」の発音の違いを9歳の娘に指摘された、たちまゆです(汗)

・・・・日本人の私からしたら、どっちも「イースト」だよっ!!



________________________________________




6歳になるちょっと前まで日本で育ったメーガンは、
アメリカに来た当時は英語がほとんど話せなく、
キンダーの先生もお手上げ状態でした。


あれから6年半が経ち、英語の比重がぐっと増え、
日本語の方はと言うと、6~7歳程度のレベルで止まったまま・・・。


アメリカに来た当時は私も辛抱強く、毎日1時間ほど
ひらがな、漢字の書き取り練習をさせたものだけど
気付いたら最近は以前ほど力を入れて学習をする事もなくなってしまった。


1年生の漢字80字をマスターしたところで、
よし、それでは2年生に進もう!と思えば、
今度は覚えた漢字を忘れてしまっている・・・。
一歩進んでは二歩戻る、のような。
こうなると親の方の忍耐力がモノを言うと思う。


学校、友達との会話、TV、本、
廻りを取り囲む環境が英語だらけ・・・という中で、
日本語を維持して行くのは並大抵の努力では実現しないと思うのです。

覚えた漢字を暮らしの中で”復習”という意味で
繰り返し繰り返し使っていかないと、忘れていくのも早かったりする。
 

バイリンガル教育を目指す親がぶつかる壁は
おそらく”一体どこまでのレベルの日本語を習得して欲しいか”
ではないのかな~と思います。

「必要最低限の会話が出来れば充分」なのか

「ひらがな、カタカナが書ければそれでよし」なのか

「日本の新聞が読めるくらいのレベルになってもらいたい」なのか

「将来、日本の企業で就職するにも困らないくらいの完璧な日本語」なのか

その辺りの終着ゴールを決めずに、やみくもに”日本語、日本語”と親が躍起になっても
結局は中途半端な形で自然消滅してしまう羽目になったり・・・・(そう、私のように)


今では私も、
”日本にいる私の親と私の通訳なしで会話出来れば、それで充分”
という気持ちでいますが、今後大人になっていく娘達と英語ではなくて
微妙なニュアンスや細かな表現も出来る日本語で
いろいろな話題を楽しめたらいいのにな、という気持ちも捨て切れず。


日本に里帰りした後はしばらくは日本語での会話が多く、嬉しいものの、
1~2ヶ月もすればまた英語の比重が多くなっていく・・・のが常。


それでもメーガンは”ママとは日本語で話すもの”という意識があるようで、
私には可能な限り(6~7歳児レベルの)日本語で話しかけてくる。

ニコールは2歳でアメリカに来たせいか、日本語と英語がごっちゃになった
妙な日本語が多く(ルー語)、時々吹き出しそうになる。



補習校に通わなくても、自宅で母親がしっかり
バイリンガル教育をしている友人もいて、
本当に頭が下がる思いだけど、私にはその忍耐力が足りなかったよう・・・。



7年生(中学)の勉強内容を見ても、これまでの小学校とは違い、
なかなか難解になってきており、高校、大学と進むにつれ
どちらがより彼女にとって大事なのか?と考えた場合、
そして今後、子供達はおそらく英語圏で暮らしていくことになる事を思うと
英語に重きを置いていくのが自然かな、と考えるようになりました。


もちろん、日本語教育を諦めたわけでもなく
今後も(以前のように毎日1時間はやらないまでも)
漢字のドリルは細々と続けていこうと思っていますが。


でも、時々ふと
”ひらがな、カタカナの読み書きが出来て、1~2年生程度の漢字が分かったところで、
日本の本や新聞が読めるわけでもないし、何となく中途半端で無意味なのでは?!”
と思ってしまう自分もいたりして・・・・(^^:)。

教える側の親がこんなに優柔不断だからダメなんだね、きっと(汗)。



余談だけど、日本語で話すと、子供達が
なんだかとても純真で可愛らしい感じに見える。
とくに、日本語がたどたどしいニコールなんか、
一気に5歳くらい小さくなったように感じたり。

それがいったん英語で話し出すと、
途端に小生意気な感じに聞こえてくるから不思議。

なんでだろう?

英語の会話だと早口になるし、声のトーンも低く落ち着いているから?!

ウチの子達だけに限らず、友人の子供達も同じだな~と思ったのです。

母親と日本語で会話している時は
幼い子供らしさみたいな部分があるのに、
子供達同士で英語の会話になると、
一気に大人びた雰囲気を醸し出していて
”へぇ~~”と思ったこと、何度もあります。



バイリンガル教育の持続は、当の本人もだけど
一緒に取り組む親の忍耐さによっても、
大きく左右されるな~と改めて実感しています。





*****************************



オマケ

アイスクリームの蓋を開けたメーガンが
「ママ、これ見て!!」と持って来ました。




 photo DSC_3990_zps3c3e2c71.jpg

Smileyフェイス♪










[PR]

by tachimayu | 2013-09-08 14:16 | 子育て、家族
2013年 08月 22日
新しい靴


a0246456_2334366.jpg


コーヒーブレイク


*********************************



子供達の新学期が始まって1週間。





ミドル(7年生)になったメーガンは、授業ごとに教室が移動になるのに
まだ慣れずにいるよう・・・。
移動時間はたったの3分で、授業の開始時間に遅れると
ペナルティがあるらしい。
おちおちトイレにも行っていられない?!


4年生になったニコールの担任の先生は、なんと以前
私の故郷の三沢市に住んでいた事が分かり、
お気に入りのお店や、よく行っていたという八戸の話などで
盛り上がるというサプライズ。





*****************************



さて、新学期に備えて、新しい靴を購入したけれど
今年はメーガンよりリクエストが。



メーガンが欲しいと言ってきた靴は
なんと懐かしのコンバースのオールスター。


 photo DSC_4014_zps8606a4ac.jpg  photo DSC_4011_zps050ef54a.jpg

私も若かりし頃、愛用していました。


30年前だった高校生の頃、
当時学校でとても流行っていて(特に、制服に合うような白や黒)
私は黒のハイ・カットを選び、修学旅行の写真では私を含め
同級生の皆がこの”バッシュ”を履いて写真に写っていたものです(笑)
ハイカットだと、オールスター(星マーク)のロゴがサイドに入るので
それがカッコイイ!!なんて、思っていました(^^:)


ちなみに旦那も学生時代に履いていたそうで、
こちらでは”ハイ・カット”ではなく、”ハイ・トップ”と呼ぶみたいですね。



いろいろ調べてみたら、今はコンバースも
いろんなデザインがあると知り、ビックリ。
時代を感じます。


でも、やっぱり昔からずっと変わらないシンプルなデザインの
Chuck Taylor(上のやつ↑)が、クラシカルで好みかな。


最初はメーガンもハイ・カットを希望していたけれど、
ローカットの方が履いたり脱いだりがラクだよ、と
アドバイスしたら納得したようで。


姉が欲しがると、同じモノを欲しがるのが妹でして(苦笑)。
ニコールにも同じモノを買うことになり、
2人とも”赤”と決めていたのに、お店に行ったら水色に心変わりしたメーガン。

私が若かった頃より、今は色のバラエティも多くて目移りしそうでした。





******************************




同級生に比べると、身長のだいぶ低いメーガン。
「チビ、チビ」とバカにされたり、「あれ?2年生??」とからかわれたり。
3つ下の妹とも、身長の差があまりない状態。


それでも、ここのところ
足のサイズだけはぐっと伸びたようで
とうとう・・・・・






 photo DSC_4027_zps6b1d3d46.jpg



私と同じサイズになってしまいました~!


「これでママと靴をシェアできる~!!」と喜んでいます(^^:)



さっそく昨日は私のサンダルを履いて学校へ行きました・・・・
身長は低いのに、足はしっかり大人並みのサイズだなんて。


でも、来年辺りには私より足のサイズ、
きっと大きくなってるでしょう。






[PR]

by tachimayu | 2013-08-22 23:45 | 子育て、家族
2013年 08月 12日
サマーキャンプ



a0246456_1483570.jpg

私も子供達も大好きなライチ♪ 凍らして食べると美味~。


__________________________________________


気付いたら、だいぶ更新が空いてしまいました・・・。

暑いのが苦手な私にとっては、一番辛い時期ではありますが、
元気でやっとります(^^)。






長い長い夏休みもそろそろオシマイに近づいています。

子供達、今年はサマーキャンプに参加しました。



初めて挑戦!!のゴルフ。



空振りしたり、芝生に穴をあけたりと悪戦苦闘していたニコール(^^:)
キャンプ後半ではコツを掴んできたようです。

 photo golf-a_zpscf80bc8b.jpg






メーガンはインストラクターから、なかなか筋が良いとお褒めの言葉を頂きました(^^)
スィングも決まってる?!

 photo golf-2-a_zpsf9744f7b.jpg






フロリダの日差しは過酷なので、レッスンは朝の8時からスタートし、10時には終了。
それでも汗びっしょりになってしまうほどの暑さ&湿度・・・

 photo DSC_3008_zpsb90c8640.jpg






そしてキャンプの締めくくりは、チームごとのトーナメント。
何十台ものゴルフカートがグリーンに出て行きます。

 photo DSC_3279_zps52c715df.jpg





打ちっぱなしの練習とは違った楽しみがあるようで、
お互い励まし合いながらプレイしていました。

 photo DSC_3303_zps052952eb.jpg



 photo DSC_3301_zps0ef72c38.jpg



 photo DSC_3292_zpsa88249bd.jpg

メーガンはパーを取っていました!




親睦会ランチも兼ねた、トーナメント。
結果発表などを通して、保護者同士も和気藹々としたムードでした。

 photo golf-3-a_zps8512c3ac.jpg

2人ともゴルフが気に入ったよう。それがなにより・・・・。
とっても大満足のサマーキャンプでした♪





*******************************



初心者用のミシンのクラスもとり、枕カバーを作りましたよ~。
こういうの、日本だったら小学校の家庭科で教えてくれるのにね。

 photo Joann-a_zps41d5b68d.jpg

ていうか、母親の私が教えれば良い事なんだけど、
裁縫が苦手なので、私が教わりたいくらい・・・・(^^:)






***********************************



もちろんビーチにも行ったり・・・。

 photo beach_zpsfe18d186.jpg

写真に写っている、苦い泡の飲み物は言うまでもなく、
メーガンが飲んでいるのではありません。

隣に座っている、ダディの”癒しの水”です(笑)






************************************



そうそう・・・。
久しぶりにテネシーに住む友人が子供達と一緒に会いに来てくれました。


 photo DSC_3528_zps27a59319.jpg

 
横田時代の幼稚園の友達ですが、この頃は2人共こんなに幼かった・・・

Mさんとは価値観が似ていたり、共感し合える事が多くて
話していても本当に気持ちがラク。
得難い友人の一人だな~と思っています。

遠い所を会いに来てくれて、ありがとう!
お土産もい~~っぱい、どうもご馳走様(^^)
次の再会を楽しみにしてるね♪


****************************


さて、夏の間、ちょっと放置気味だったブログも
ぼちぼちエンジンをかけて行ってみようと思います(^^:)






[PR]

by tachimayu | 2013-08-12 03:48 | 子育て、家族
2013年 05月 26日
夏休み突入!


a0246456_11375968.jpg

裏庭のジャスミンが、辺り一帯を良い香りにさせています♪
ブーゲンビリアも絡まってきてるし(^^)




************************************



・・・という事で、子供達の学校が夏休みに入って、
今日で既に3日目。



昨日から仲良しの子のバースデーパーティに誘われて、
姉妹揃って、ここのリゾートに滞在中。


連れて行ってくれたお友達のお母さんから、
さっそく写メールが届きました。
すっごく楽しんでいるそう♪

 photo IMG959450_zpse40c8b78.jpg  photo IMG954199_zps598941d4.jpg


明日の午後には帰宅しますが、
夏休み早々、子供達にとってラッキーな幕開けです。




________________________________


さて。
夏休みに入る前・・・。


学校の年度末になると、イベント続きで忙しくなりますが、
今年もコンサートがありました。



 photo DSC_2878-b_zps46f292b8.jpg

メーガンは弦楽器のAdvanceクラスで、バイオリン演奏を。

初めたばかりの頃に比べれば、少しは上手になったかも?!








 photo DSC_2883-b_zps25b4788e.jpg

ニコールはリコーダーの演奏。

子供達が一生懸命になっている姿は
世界共通で可愛いね(^^)






___________________________________




そして6年生の遠足は、Sea Worldへ。

 photo img047_zps26f3add3.jpg

2007年に、テキサス・サンアントニオのSea Worldに初めて行きましたが、
あの当時に比べてスリル満点の乗り物も楽しめる年齢になりました(^^)

写真はありませんが、他にケネディスペースセンターへも遠足で行って来ましたよ。
こちらも楽しかったようです。


ニコールの学年(3年生)は
海亀の生態を学べるセンターでの遠足と、
フロリダの土地柄を生かした場所でした。





_________________________________



今年度で小学校を卒業するメーガン。

夏休みに入る2日前には、
6年生のGraduation Ceremonyが行われました。

男の子も女の子もみな、正装して一人ずつステージで
卒業証書を校長先生から受け取ります。



そのセレモニーが終了すると、その後は夜の9時まで
2時間ほどダンスパーティがありました。
友達と一緒にダンスして、楽しい思い出いっぱいの夜になりました♪





そして、小学校の最終日は6年生の卒業ピクニック・デー。

ランチもゲームも学校側の方で用意してあり、
当日私はボランティアで付き添いましたが、現地について小1時間ほどで、
あいにくの激しいスコールに見舞われ(Welcome to Florida!!笑 )
みんなずぶ濡れになりながら学校に引き返し、校内で続きを・・・(^^:)。

Year Bookにクラスの子達からメッセージを書いてもらい、
最後は先生方や友達とHugしたり泣き合ったりと、
メーガンにとっては楽しかった小学校生活もこうして幕を閉じました。







 photo DSC_2980-c_zps9aae70f6.jpg

8月からいよいよ7年生、ミドルスクール(中学)に通います。


[PR]

by tachimayu | 2013-05-26 13:20 | 子育て、家族
2013年 04月 01日
9歳のバースデーとEaster



a0246456_10193012.jpg

今年もイースターエッグ、作りました♪


*******************************



そして気持ちの良いお天気の中、
エッグハンティングにも行って来ました~。

 photo collage_zpsf6d70dcf.jpg

たくさんの子供達が来ていましたよ。
こうしてエッグハンティングするのも、もうそろそろ終わりの年齢かも・・・(^^:)



_____________________________




そして3月29日は、ニコールの9歳のお誕生日。



いつも学校が春休み中になってしまうけれど、
今年も本人の希望で自宅に友人を招待してお祝いしました。



 photo BD-colla_zps4121caa1.jpg

ちょうどイースターサンデーの前日だったので、
みんなでエッグペイントもしてみました。


3年生と言えど、近頃の子供達は発育がいいのか、
私より身長のある子もいました!!(ちなみに私は160cmジャスト)


キャッキャッと賑やかに黄色い声が飛び交っていましたが、
よ~く聞いていると、会話がすっかり女子会のような盛り上がりぶり。
9歳でも9歳なりの世界、社会があるようで・・・(^^:)
12歳のメーガンも輪に入っていましたが、
年上の威厳まったくなし、でした(苦笑)。





いつもココで書いているけれど、
「天真爛漫」「自由奔放」「威風堂々」の言葉が
ピッタリなニコールは、時としてハラハラさせられるけれど
なかなか面白い子です(^^)







こんな時もあった・・・・(3歳当時)
a0246456_10334628.jpg

おしゃまと言うのか、お茶目と言うのか、見ていて飽きない子でした(^^)









Happy Birthday Sweetie pie♪♪

 photo DSC_2651-a_zps66f1d3b1.jpg

また元気に1年頑張ろう!!






[PR]

by tachimayu | 2013-04-01 11:04 | 子育て、家族
2013年 02月 07日
小さな身体、大きな創造性



a0246456_156629.jpg


早いもので、もう2月も一週間過ぎてしまいましたね。


1月2日のお正月中に、友人がはるばる遊びに来てくれたので
ささやかながらオードブル形式の料理を用意し、
それを2人で食べながら楽しくお喋りしていたら・・・。






「デザート作ったよ~♪」
と、ニコールが何やら持って来てくれました。

 photo DSC_2162_zps0c6702c2.jpg

お皿の底面には、ちゃんと高台もついてる!






 photo DSC_2164_zpsebfdba69.jpg  photo DSC_2167_zps0583498c.jpg

ただの丸いケーキじゃありません、ちゃんとスライスもされています(笑)。
トッピングはブルーベリーだそうで、よくよく見ると
一つ一つ丁寧に貼られたブルーベリーには、
濃い青のマーカーでアクセントもされている~(笑)。







私達が”おぉぉ~~、凄いね~”と反応すると、気を良くしたのか
次から次へとどんどん出てくる出てくる(^^)


 photo DSC_2160_zps50590edd.jpg  photo DSC_2161_zpse79025d0.jpg  photo DSC_2173_zpse4a5a611.jpg

ロールケーキから、イチゴのショートケーキ、そしてフルーツの盛り合わせまで!
フルーツの入った黒い箱も手作り(^^)







 photo DSC_2175_zps2eadab1f.jpg

デザート勢揃い♪

何の下書きもなく、いきなりハサミでジョキジョキ切っちゃうので
精密さはないものの、そんな大胆さがニコールらしい。






****************************



そして、とっても感動した2つの作品を
ぜひ紹介したいと思います。




お友達、Nikoraさんの息子さん達の作品。






まずは弟のR君の絵。





 photo IMG_0955_zps599fed5d.jpg

一目見て、心をぐっと鷲づかみされたような衝撃!
迷いのない、躍動感あるタッチ。
まるで絵の巨匠が描いたかのようなダイナミックさで
6歳(・・・だったよね?!)の子の絵とは思えません。

もう、この絵に一目惚れ。
大きなフレームに入れて飾ったら、
ますます素敵だろうなぁ~と想像してしまいました。




______________________




そして次はお兄ちゃんのN君の詩。

 photo Scan-8_zps84d83a58.jpg

現在は3年生のN君ですが、当時1年生の頃に書いた詩だそう。

こういう発想って、なかなか出てこないですよね。
最後の一行でぐっときてしまいました。

これは母親への詩ですが、
例えばこんなラブレターをもらったら・・・・。
アイラブユーと単刀直入に言われるより、
たくさんの気持ちが込められているような気がして
感激しそう。

こんな言葉をプレゼントしてもらえるNikoraさんは
子供達に愛されていて、温かい繋がりを保っているんだろうな。
読んでいるこちらまで幸せな気持ち♪


まだこの世に生を受けて6~7年しか経っていない子供でも、
子供なりに感じた心を自分の知っている言葉で表現する・・・。
シンプルな言葉ばかり並んでいるけれど、
心に響くモノを創り出せる力。
スゴイなぁとつくづく思います。






そのN君とニコール。2006年の夏。

 photo Arjuna--Nicole-a_zpsf43f8c6f.jpg

2人ともこの頃は2歳だったね。あぁ~、とっても懐かしい~(^^)
(そして、日本が、東京が恋しい・・・・)






***************************





さて、最後に”我が家のピカソ”の絵も紹介させてね~ん。






 photo DSC_2189_zps0c53ef29.jpg


・・・相変わらず、なんともエキセントリックな画風なようで(苦笑)



ブログに残すと、成長と共に良い記録になりそうなので、
今後も何の脈絡もなくポツポツ紹介してみます。





[PR]

by tachimayu | 2013-02-07 02:43 | 子育て、家族
2013年 01月 29日
12歳のバースデー



a0246456_13114424.jpg

イチゴとブルーベリー、飾るの止めれば良かった・・・。
何だか”しつこい”デコレーションになっちゃったと後悔。



*********************



1月27日はメーガンの12歳のバースデー。




親から見たら、まだまだ子供・・・な12歳。

でも自分が12歳だった頃の当時を思い出してみると
一丁前に世の中の事を少しは知っているような気分でいたし、
12歳には12歳なりの社会というのが出来上がっていて、
それなりの気苦労もあったように記憶しています。


来年にはいよいよティーンに突入。
きっと、その年代特有の葛藤と戦う事も出てくるだろうし、
肉体的にも精神的にも著しい変化が見られる時期に入るんだろうな。


子育ての悩みは尽きないと言うけれど、今思えば
赤ちゃんだった頃の、”夜、なかなか寝てくれない”や
”離乳食をあまり食べてくれない”、”オムツがなかなか取れない”などの
一般的に大抵のお母さんが通る子育ての悩みが懐かしくなるような。

幼児期とは違って手はかからなくなっても、今度はメンタルな面でのサポートや
親としてどの辺りまで立ち入って行けばいいのか?!などの加減がなかなか難しくなってくるところ。

何年”親業”をしてこようが、常に”これで良いのかな?!”とか
”今の対応は間違ってなかったかな・・・”と、迷いながら、
手探りの状態で子育てしているのは変わらず(^^:)。



和食や日本が大~好きで(いまだに”日本とアメリカだったら、
日本に住みたい!”と言ってる・・・母親とおんなじだ*苦笑)、
几帳面で、優しいところがあり、感受性が豊か。
12歳になった今でも夜寝る時には”ママ、ちょっとだけベッドに一緒に横になって”と
言ってくる幼い面もあるかと思えば、小さい頃はお転婆だっただけあって
けっこう度胸があったりもするメーガン。

同級生の女子の喜怒哀楽の激しさや、
近所の子達の堪え性のなさに辟易したメーガンが
「どうしてアメリカの女の子ってドラマクィーンが多いんだろう」
なんて言ってたのには笑ってしまった+激しく同感。
・・・・まぁ、あなたにもそんなアメリカ人の血が
半分流れているんだけどね(^^:)。



小さな事でも気にしてクヨクヨするタイプの母親に似ず(苦笑)、
小さな事には動じず、ド~ンと構えていて冷静。
将来、けっこう頼りになるかもしれない?!




****************************



本人の希望で、今年も友達を呼んでお泊りバースデー会をしました。

 photo BD-collage_zps0f8d15cb.jpg

デコレーションは去年のバースデーパーティの使いまわし(^^:)。
Goody bagも、また同じのを作りました。
たぶん、来年も同じようなデコレーションで、
同じようなパーティになるでしょう(笑)。


何はともあれ、12歳のお誕生日、おめでとう(^^)



[PR]

by tachimayu | 2013-01-29 15:06 | 子育て、家族
2012年 05月 15日
母の日




隣人の娘さんがプロム・パーティに行くというので、
記念の写真撮影を依頼されました。

華やかなドレス、目いっぱいおめかしして
ボーイフレンドと一緒に満面の笑みを浮かべる彼女。

その様子を写真に収めながら
”あ~、ウチもあと何年だ~?”
と、そう遠くない将来をつい想像してしまうのでした(^^:)。











昨日の「母の日」にディナーに連れて行ってもらいました。

  


1905年に建てられたQueen Anneスタイルのこの古い大きな建物は、
大掛かりなリノベーションを終えて昨年、新たにレストランとしてスタートしたらしいです。
屋外のテーブル席で食べたのですが、吹いてくる風がとっても心地良かったです。


私にしたら、晩御飯の準備、後片付けをしなくていいだけでもラッキー♪なのだ~(^^)




*************************


以前にもブログで紹介しましたが、また今年もお気に入りのこのポエムを。。。



The Image of Mother
(母親のイメージ)


4 years of age-My Mommy can do anything!

(4歳ー私のマミィって何でも出来るの!)


8 years of age-My Mom knows a lot! A whole lot!

 (8歳ー私のママは何でも知ってるの、たくさんの事をね!)


12 years of age-My Mother doesn't really know quite everything.

(12歳ーお母さんって実は、何でも知ってるわけじゃないのね)


14 years of age-Naturally, Mother doesn't know that, either.

(14歳ーもちろん、お母さんだってそんなの知ってるわけないわ)


16 years of age-Mother? She's hopelessly old-fashioned.

(16歳ーお母さん?彼女って、救いようのないほど古風なのよ)


18 years of age-That old woman? She's way out of date!

(18歳ーあの年老いた女性?とんでもなく時代遅れなんだから!)


25 years of age-Well, she might know a little bit about it!

(25歳ーそうね、もしかしたらお母さん、何かちょっと知ってるかもしれないわね)


35 years of age-Before we decide, let's get Mom's opinion.

(35歳ー私達で決める前に、お母さんの意見も聞いてみようよ)


45 years of age-Wonder what Mom would have thought about it?

(45歳ーこれ、お母さんだったらどう思うかしら?)


65 years of age-Wish I could talk it over with Mom.

(65歳ーこの事について、お母さんと話し合えたら良かったのに・・・)



ただ今11歳の長女は↑でいくと、ちょうど母親への完璧な理想像が崩れる辺り。
これから始まるであろうティーンの難しさを思うと、・・・・うっへ~(苦笑)。

そしてちょうど今8歳の次女は、まだ母親は何でも知ってる、凄い!!のレベルなのね。
まぁ、その気持ちもあと数年続くかどうかってところかぁ・・・(^^:)

65歳のくだりはせつないよね。
私も65歳になった時、もしも仮に母がこの世にいなかったらこう思うだろうな。



このポエム、大好きなので将来娘達にも教えたいと思っています。




[PR]

by tachimayu | 2012-05-15 12:48 | 子育て、家族
2012年 04月 22日
情操教育




3月の初めに撮った写真。写真の整理をしていて今頃気付きました。

新潟の米納津屋という和菓子屋さんの栗羊羹を頂きました。
上品な甘さがあとを引く羊羹で、子供達とあっという間に1本平らげてしまいました(^^)







もう先月の出来事になりますが、今年も去年に引き続き
メーガンがHersheys's Runに選手として出場しました。
今年は800m走。




相変わらず同級生に比べて背の小さいメーガン。
みんな5年生ともなれば体格が立派です。





近隣の小学校が複数参加して行われる大会。応援に駆けつける家族や友人達の数も
かなりのものでした。







結果は残念ながら3位入賞とまでは行きませんでした。
ただ10人中、半分の5人の子が途中で根尽きたのか、走るのを諦めて歩き始めていた中、
最初から最後まで休むことなく走り続けたので頑張った方だと思います。

余談ですが、私も小学生高学年の頃、
市内のマラソン大会(1,000m走)に選手として出場したのですが、
途中で走るのを止めて歩く・・・という選択は誰にもありませんでした(^^:)。




**************************


さて。

これも3月の事でしたが、近隣の小学校が合同で行うオーケストラ・コンサートがありました。
やはり去年もコンサートはありましたが、他行との合同コンサートという形ではありませんでした。

子供達の通うカウンティの公立校にはどこもバイオリン、ビオラ、
チェロ、コントラバスなどの弦楽器が学校に備えられているため、
子供達も無料で学ぶことが出来ます。
楽器の貸し出しも無料でしてくれるので、週に何度か自宅にも持ってくることが許可されます。





まだまだ本格的とは言えないレベルの演奏ではありますが(^^:)、
去年よりは多少高度な曲の選択でした。





最近、エレクトリック・ギターを習ってみたいと言い出しているメーガン。
・・・ま、数ヵ月ごとにコロコロ気が変わっているので(苦笑)。







こちらは中学生の部。
小学生達に比べてだいぶ上手です(当たり前か・・・)。
安心して聴くことが出来ました。



写真には撮りませんでしたが、最後に高校生の部も登場して演奏しましたが、
こちらはだいぶレベルが高く、なかなかの腕前でした。


出来ればこのまま中学、高校に上がっても
続けていって欲しいなぁと私は思っているけれど
何せ気が変わりやすいので、どうなることやら・・・。


夏休みまで、あと一ヶ月ちょっととなりました(^^)。




[PR]

by tachimayu | 2012-04-22 13:07 | 子育て、家族
2012年 04月 05日
8歳のバースデー





8歳、おめでとう!







3月29日はニコールの8歳のお誕生日(・・・もう1週間経ってますね*汗)

今年も仲の良いお友達と一緒にお祝いしました。




 

ピザを皆で好きなようにトッピングしたのを焼いて食べたり、
イースターが近いと言う事でエッグペイントしたり、クラフトをしたり・・・


「女3人寄ればかしましい」と言いますが、それはこのくらいの年齢でも同じ。
まぁ~~、賑やかだこと。黄色い声が家中に響いていましたよ~(笑)






 

皆にバースデーソングを歌ってもらい、キャンドルも上手に吹き消しました♪

あの、”怪獣”と呼ばれていた豪快な子もそれなりに成長したものです。
「天真爛漫」「自由奔放」「威風堂々」などと、ニコールのことを
上手く表現してくれた友人がいましたが、本当にピッタリな言葉。
”怪獣”呼ばわりは何とか返上できたと思うけれど(^^:)、
天真爛漫で自由奔放で威風堂々なところはまだまだ健在のニコールです。




*********************



ニコールのお誕生日はいつも学校の春休み中なのですが、
この春休みにはバースデーパーティの他に、プール開きもしました。

毎年4月頃からプールに入るけれど、今年は暖冬のためか
既に3月から入り始めることが出来ました。



ネイバーの子も入りに♪



さぁ~、フロリダはもう夏が近いですよ~(嫌だなぁ・・・・苦笑)





[PR]

by tachimayu | 2012-04-05 13:42 | 子育て、家族