カテゴリ:お気に入り( 3 )

2015年 11月 23日
ばあちゃんのクラフト


a0246456_1312351.jpg


前々回前回では、親ばか満載の日記を書きましたが(苦笑)、

今回は母の趣味であるクラフトについて紹介します。



手先が器用な母は、学歴こそないものの、

若い頃には生け花、着付け、書道、洋裁、調理師免許などなど、

取得できる資格、免許は片っ端から取っていたようでした。




週に何度か通う「趣味の会」では、エコクラフトの籠作りも4~5年前から始め、

これまでも娘達に籠を作ってアメリカまで送ってくれたり

a0246456_13105660.jpg
(私のお気に入り)

お世話になった人や私の地元の友人にプレゼントしたりと、

“ばあちゃんの籠作り”(笑)、なかなか大活躍しているようです。







先日は、娘達に手提げ籠バッグを作って、送ってくれました。

 photo DSC_0175_zpsdfd3upvq.jpg







かのこ編みのような、編み目。

 photo DSC_0181_zpsskvdjxz3.jpg







黒地に赤のアクセントが可愛い。

 photo DSC_0184_zpse4a5a8qb.jpg





こちらは私に。

 photo DSC_0185_zpsboib1foa.jpg








みんな勢ぞろい。

 photo DSC_0194_zpshmmgbnqz.jpg







バッグの底の部分にはマチ付きなので、物を入れても安定します。

 photo DSC_0188_zpsnueqmm2g.jpg








送られてきた籠の中で、今回、私のテンションが高くなったのはこれらの籠。

青森のアケビのつるで編んだ籠。

 photo DSC_0203_zpsj4mqxwbf.jpg

知ってましたか?

青森のあけびのつるで編んだ籠って、大変人気があることを・・・。



ファッション業界で働く人にも、青森のアケビのつるで編んだ籠は人気のようで

長年の愛用者が多いそうです。

名の知れた有名な職人さんの籠だと、注文してから手元に届くまで

何か月も待たなければいけないらしく、その値段の高さにも驚かされます。



近年あけびつるが減って、生産量が落ちているため希少な籠。

その手間を考えると、この値段も納得できるような・・・。

(こちらのサイトでは実際に購入できます)





何年も使い込むごとに、籠の色があめ色に変化して“こなれて”きて、

その過程を見るのも楽しみの一つなんだとか。


こちらのサイト、観てみてください♪ すご~くおしゃれな籠がいっぱい。

飾り方、使い方も参考になります。



a0246456_13291556.jpg

残念ながら、このアケビのつるで作った籠は母ではなくて、

母の知人の方が編んでくださったようですが、こんな貴重な籠、2つも頂いちゃって、

これがテンション上がらなくてどうする(笑)



今から6年後、10年後、このアケビつるの籠がどんな風に”育っていく”か、楽しみです。







最後に。

今年の初めに、母が娘達に作って送ってくれたこれらの籠。

 photo DSC_9661_zpsilfipnkr.jpg

何だか分かりますか~?

フクロウです(^^)可愛いでしょ♪


動物シリーズ、他にもクジラの籠を作ったのを見せてもらいましたが、

私の友人宅へ嫁いでいきました。


まだ手元に届いていませんが、リンゴの籠もスカイプで見せてくれました。

赤くて小さくて、すご~く可愛かったです。リンゴだなんて、青森らしいなぁと思いました。

送られてきたら、またここで紹介しますね。






[PR]

by tachimayu | 2015-11-23 13:30 | お気に入り
2013年 05月 18日
キュートなキッチン雑貨


a0246456_071550.jpg




洋服から、インテリア、装飾雑貨などなど、
店内を廻って見るだけで思わず「可愛い~♪」と
声を上げてしまうこと間違いなしのAnthropologie(アンソロポロジー)


そういえば、義母、義理の妹をはじめ、
私の友人達にもAnthropologieファンは
けっこう多いことに気付いた・・・(笑)。


カウチやベッドなど、本物のお部屋のようにディスプレイされている店内を見ては
”ここに住みた~い!!”と半分本気で思ってしまうほど、
独特のAnthropologieワールドが拡がっていて、毎回行くのが楽しみ♪



特にキッチン雑貨には女性のハートをぐっと掴む
カラフルな色使いやデザインの物が多く、大好きなエリア。




Topの写真の飯碗も、偶然店内で見つけたお気に入り。


本来、私は和食器派だし、実際手持ちの飯碗にも
そんな好みを反映したものが多い。

陶磁器のシンプルな物や、
どっしりした土物などの素朴で渋いテイストなど。





でもでも、これらを見た時、
私の”女の子”の部分(笑)が反応してしまい、一目惚れ。

 photo collage-a_zps51fe4047.jpg


しかも、この形。
どこからどう見ても、私達日本人が
ご飯を食べる時の飯碗の形じゃない?


そこでひっくり返して高台の底を見てみると・・・・。



Made in Japanの文字が!!(やっぱり・・笑)

 photo DSC_2810_zps2a4c175c.jpg


今の御時勢、中国製じゃないモノを見つけるのは難しいけれど
(実際、Anthropologieの他の製品には中国製が多かった)
日本製ってだけで、もう嬉しくなっちゃうね~~。




自分で買ったものもあるし、お義母さんがプレゼントしてくれたものもあり、
知らず知らずのうちにこれだけ集まりました。

日本の飯碗を買うよりも、ずっと安い値段で買えちゃいますからね。


勢ぞろい

 photo DSC_2746_zps5a5c6d41.jpg


ちなみに、一番気に入っていた緑色の鹿の子模様(右から2番目)のを
ニコールが割ってしまったので同じモノを買いに行った時に

「割れたものをお店に持参すれば、無料でお取替えできますよ」

と言うではないですか~!

・・・それを知らなかったので、とっくに処分してしまったし。


日本に比べて、有り得ないくらいの返品王国のアメリカですが(バンザイ~!!)、
さすがに消費者の不手際で損壊してしまった商品を
お店側が無料で新しいモノと交換してくれるなんて
思いもしなかったので、その太っ腹ぶりには驚いちゃいました。

普段は、悪名高きアメリカのカスタマーサービスの質の低さに慣れきっているので
こんなナイスサプライには、3倍も4倍も感激&感謝してしまいます(^^:)



***********************************



ちなみにこのマグも同じくAnthropologieから。

 photo DSC_2975_zpscb6720db.jpg

クリスマスプレゼントに子供達からもらったもの。

”とにかくママにはAnthropologieで買えば、失敗はない”と
思っているようで・・・(笑)。

事実、とっても気に入りました(^^)。









[PR]

by tachimayu | 2013-05-18 01:44 | お気に入り
2012年 11月 21日
たかがお弁当箱、されどお弁当箱



a0246456_16114726.jpg




娘達がこれまで普段使ってきたお弁当箱といえば・・・。
メーガンが日本の幼稚園に通っていた頃に使っていた
キティちゃんやマイメロディのキャラクターのもの。

あとはアメリカで買った、簡素なタッパーウエアぽい
お弁当箱なども適当に使いまわしながら来たのですが・・・。


もうあれから何年も経っていて
現在6年生、そして来年は中学生になるメーガンにとっては
もうちょっと大きめのお弁当箱が必要かもしれないな、
と考えていたこの頃。




良い物を見つけちゃいました♪
(上の写真がそれです)




たまたま、大好きな番組を観ていたら、
お弁当箱を取り扱うお店を取材していて、
それがなかなかの品揃えで興味深かったのです。



今年の春に、京都に出来たお弁当箱専門店で、
フランス人のオーナー(奥様は日本人)が経営しているユニークなお店。


それで気にしだしたら、まぁよく出てくる出てくる、TVや雑誌に!



同じく、お気に入りの番組を観ていたら、
またまた、ここのお弁当専門店が登場したり、
ネットで検索してもたくさんの方がお勧めしているようだし、
今とても人気が出てきているな~という印象。




*******************************

「Bento&Co」は2008年にフランス語のオンラインショップとして開店。
その後、2010年に英語、2011年末に日本語のサイトを開設後、
今年念願の実店舗がオープンした。

商品は9割が日本製で、弁当箱の他、箸やスプーン、シリコンカップ、
マグ、風呂敷などバラエティーに富んだラインナップ。
秋田の曲げわっぱや福島の会津塗りなどの伝統工芸ものや、
和布を特殊加工で貼り大きなサイズにした西陣弁当が海外で大人気だという。

現在では世界70カ国から注文がくるという同店。
米国、英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、シンガポールなどを中心に、
最近はロシアやブラジルなど新たな市場も広がっている。


注)日経トレンディネットから抜粋させてもらいました。


******************************



サイトを見ていただければ分かりますが、とにかく幅広い品揃え。
どれにしようか、迷ってしまいます(^^:)



あれもこれもそそられるけれど、
結局、(自分の好みを優先して)
着物柄のこのお弁当箱をチョイス!
和布を特殊技術でプリントし、形取った商品。


Photobucket

せっかくなので、お箸や巾着袋もお揃いのを購入。









Photobucket

こちらは色&柄違い。

メーガンとニコールがそれぞれ交換しながら使えるように
2つのセットを用意しました。






お弁当箱が新しくなると、何だかお弁当を作るのも
”少~しだけ”楽しくなるような・・・・?!


Photobucket

Photobucket


キャラ弁ではなく、ごくごく普通のお弁当。
でも、大人の私が食べたいと思うのは、こんなお弁当(笑)




嬉しいのは、海外発送もしてくれるので
気軽に注文が出来るのも魅力の一つ。



京都の実店舗の方には、南フランスの生地メーカーから輸入した
ポーチやバックなど、フランス人オーナーならではの
商品も並んでいるのだとか・・・。

店内も楽しそうな雰囲気だし、行って見たいものです♪




*****************



ちなみに、いつか欲しいなぁとず~っと思っているのは
秋田、大館の曲げわっぱのお弁当箱。




Bento & Coさんでも取り扱っていますが、
私が手に入れたいと思っているのは
ウレタン塗装のされていない、
白木の曲げわっぱのお弁当箱


ウレタン塗装が施されていると、
せっかくの杉の木の効能が台無し・・・らしいので(^^:)


調べてみたのですが、曲げわっぱの本場の秋田、大館でも
ウレタン塗装されたお弁当箱がけっこう多いのです。
(手入れが簡単、という理由で塗装されているようですが・・・)
昔本来の白木の、まったく塗装されていない曲げわっぱは
やはりウレタン塗装されているものより、格段にお値段が違います。


お弁当箱ごときにこの値段?!と驚くような高値ですが、
杉の木のお弁当箱に入れたご飯の美味しさは、
プラスチックのお弁当の比ではないそうです。
う~~ん、気になる気になる(笑)。
でも、本当にお高い、曲げわっぱ・・・。



*******************


さて今週はサンクス・ギビングデー(感謝祭)の祭日があるので、
水曜日から子供達の学校もお休みに入ります。
今年は家族でバージニア州にいる義理の妹家族の所へ
5日間遊びに行ってきます♪


皆さんも良いホリデーを(^^)










[PR]

by tachimayu | 2012-11-21 11:48 | お気に入り