2015年 04月 02日
11歳になりました。



a0246456_13485466.jpg



3月29日のニコールの11歳の誕生日。


今年は、アート&クラフト・ストアのMichaelsでバースデー会をしました。







ニコールが選んだのは、去年からハマっている”ダクト・テープ”を使ったクラフト。

名前の頭文字のアルファベットにダクトテープを貼り、

好きなデザインの木製プレートに色付けをしたのを飾る。

 photo craft-1_zpsy0snwdo4.jpg







キンダーの時から仲良しのKちゃん。アイスブルーの鳥がきれい。

 photo katie-1_zpsnkutdswv.jpg






クラフトが終わり、ピザやフィンガーフードを食べた後は

ケーキ・タイム。





今年のバースデーケーキは、ここ数年ちまたで人気のある

Ombre cake(オンブレ・ケーキ)を。

a0246456_14203733.jpg







アメリカ人の子供達には、甘さ控えめで軽い食感の生クリームよりも

どっしりとして甘~いバタークリームが好まれるのかな?!と

実感しました。

毎年、食べきれずに残されてしまうケーキが、見事に売り切れましたから。

(それにしても、バタークリームに使った粉砂糖、8カップですよ!! 恐ろしや・・・・)

 photo cake-1_zpsahi50mpd.jpg








プレゼント・タイム~♪

 photo present-a_zpsl95lvrrc.jpg
 photo present-2-a_zpskjj7ol0v.jpg

ファッションが大好きなニコール、

友達や、そのお母さん達からは「ファッショニスタ」と呼ばれている*笑


プレゼントもそれを反映した物が多かったです。





********************


この後、旦那の同僚の奥さんが経営しているカキ氷のお店へ。



ニコールの誕生日会のことを知った同僚が、

「子供達みんな連れておいでよ。バースデーだから奢るよ」

と言ってくれたようで、店内の落書きボードには

”Happy Birthday Nicole"のメッセージも書かれてありました。

 photo oasis-1_zpscgkz72q7.jpg






バースデーガールには、中に入ってカキ氷も作らせてくれました。

 photo shaving-1_zpsj3jhdwdl.jpg

ちなみに、日本のカキ氷とは全く別物です(苦笑)。

とにかく”甘い”です。

でも、観光客が多く訪れる場所柄か、

ひっきりなしにお客さんが出入りしていました。

ローカルの常連さんも多い印象でした。








 photo oasis-2-a_zpssqyvyncs.jpg

店内はコカ・コーラの年代物のグッズだらけで、ちょっとした博物館。

オーナーが収集してきた、今では手に入らないレア品がいっぱい。








 photo kroger-1_zpsimtaosvt.jpg

アメリカの老舗スーパーマーケット、Krogerの

デリバリーカーのレプリカも置いてありました。

お店のオーナーが中に入ってもいいよ、と許可をくれたので

皆一人ずつ入って、運転するフリ(笑)。





************************


自宅に戻って、そのままお泊り会へ。

この日はすごく寒かった(12℃くらいしかなかった)のに、

皆プールに入り(見ているほうが鳥肌たってしまった・・・・)

 photo DSC_9057_zpsaahm6vqx.jpg



晩御飯を食べ、ゲームをし、主役のニコールは

想像通り10時過ぎには撃沈してしまい、

他の子達は2時半過ぎまで起きて騒いでいました。

かなり賑やかに騒いでいたのに、それでも目を覚ますこともなく、

同じ部屋の片隅で熟睡していたニコールって、ある意味すごい。






愛嬌があって、クリエイティブで、優しくて、面白いニコール。

a0246456_14463857.jpg


小さい頃から言われてきた「威風堂々」「自由奔放」「天真爛漫」という言葉がまだまだピッタリ。

11歳のお誕生日おめでとう!!(カキ氷の着色料、すご過ぎる・・・^^:)



********************************



ちなみに、3月は私のバースデーでもあるわけで・・・。

友人らが誕生日会を開いてくれました。

 photo mayumis-BD-a_zps7vkdyxz8.jpg

美味しい料理にバースデーケーキ、そしてプレゼントまで!

夜遅~くまで楽しく過ごしてきました。どうもありがとう(^^)








[PR]

by tachimayu | 2015-04-02 00:03 | 子育て、家族 | Comments(4)
Commented by ひでわく at 2015-04-02 06:07 x
 11年ですか…「ぁ」って言ってる暇なしですね(笑)…丁度の新年度、どんどん成長されるお二人に目を細める頃でしょうか…女の子は華やかで楽しいが沢山の子育てですね♪
 ケーキの色使いにプロの作品ではと、手作りって凄い…当家の孫達も少しずつ作れる作品が…プレゼントを手渡されると永久保存のラベルをペタペタしております(笑)♪
Commented by tachimayu at 2015-04-08 00:34
ひでわくさん、

ほんと、子供にとっての数年って、私達大人のそれとは明らかに違いますよね。
次女だからいつまでも”小さい小さい・・・”と思い込んできたけれど、日本だったら6年生。
自分が6年生の頃には、いっぱしに大きくなったつもりでいましたから(笑)。

ケーキ、今年はラクして市販の物にしようかな?!と思って、本人に聞いてみたんですけど、「毎年誕生日にはママのケーキだから、今年もママのケーキで」という答えだったので、決まりました(^^)

永久保存版のシール・・・きっとあと20年後などに皆でそれを見て笑い合う日が来ますよ~♪
Commented by naojani at 2016-02-11 07:10
初めまして。娘の誕生日ケーキのアイデアを探していたら、とっても素敵なケーキに巡り会いました!
これが手作りなんて、羨ましい☆ 足元にも及びそうにないですけど、こういうケーキ作ってあげたくなりました。
娘さんたちも可愛らしいですね。うちよりだいぶお姉さんです。いずれ自分の娘もこう大きくなるのか… 怒ってしまうこともあるけど、今ならではの時を大切に過ごしたいなと思い返しました(汗)
Commented by tachimayu at 2016-02-19 02:22
naojaniさま、

初めまして。コメントをありがとうございました。
こちらに毎日訪れることも少なくなったので、naojaniさまからのコメントに気付くのが遅くなり、お返事もこんなに後になってしまいまして、すみませんでした。

このケーキ、恐ろしいことに粉砂糖8カップも消費するんですよ(苦笑)
歯が痛くなりそうな甘さです。バタークリームでデコレーションしたからこのお砂糖の多さになりましたが、生クリームで代用していたらもっと少ないお砂糖で済みそうですね(^^:)

手がかからなくなってくると、今度は娘達の小さかった頃が無性に恋しくなってくるんですよね、本当に勝手なお話なんですけど。
あの当時は”早く大きくなってくれないかな~。一緒に買い物行ったり、ガールズランチに行けるのに・・・”なんて楽しみにしていたのに、いざその時が来ると”もう一回幼稚園児の頃に逆戻りして欲しい~”って無いものねだり。
どうぞ今、この時しかできない子育てを楽しんでくださいね。
後から振り返ったときに、切ない気持ちと一緒に懐かしい感情がこみ上げてきます・・・(^^)


<< 夏休み突入      春休みの息抜き >>