2013年 02月 07日
小さな身体、大きな創造性



a0246456_156629.jpg


早いもので、もう2月も一週間過ぎてしまいましたね。


1月2日のお正月中に、友人がはるばる遊びに来てくれたので
ささやかながらオードブル形式の料理を用意し、
それを2人で食べながら楽しくお喋りしていたら・・・。






「デザート作ったよ~♪」
と、ニコールが何やら持って来てくれました。

 photo DSC_2162_zps0c6702c2.jpg

お皿の底面には、ちゃんと高台もついてる!






 photo DSC_2164_zpsebfdba69.jpg  photo DSC_2167_zps0583498c.jpg

ただの丸いケーキじゃありません、ちゃんとスライスもされています(笑)。
トッピングはブルーベリーだそうで、よくよく見ると
一つ一つ丁寧に貼られたブルーベリーには、
濃い青のマーカーでアクセントもされている~(笑)。







私達が”おぉぉ~~、凄いね~”と反応すると、気を良くしたのか
次から次へとどんどん出てくる出てくる(^^)


 photo DSC_2160_zps50590edd.jpg  photo DSC_2161_zpse79025d0.jpg  photo DSC_2173_zpse4a5a611.jpg

ロールケーキから、イチゴのショートケーキ、そしてフルーツの盛り合わせまで!
フルーツの入った黒い箱も手作り(^^)







 photo DSC_2175_zps2eadab1f.jpg

デザート勢揃い♪

何の下書きもなく、いきなりハサミでジョキジョキ切っちゃうので
精密さはないものの、そんな大胆さがニコールらしい。






****************************



そして、とっても感動した2つの作品を
ぜひ紹介したいと思います。




お友達、Nikoraさんの息子さん達の作品。






まずは弟のR君の絵。





 photo IMG_0955_zps599fed5d.jpg

一目見て、心をぐっと鷲づかみされたような衝撃!
迷いのない、躍動感あるタッチ。
まるで絵の巨匠が描いたかのようなダイナミックさで
6歳(・・・だったよね?!)の子の絵とは思えません。

もう、この絵に一目惚れ。
大きなフレームに入れて飾ったら、
ますます素敵だろうなぁ~と想像してしまいました。




______________________




そして次はお兄ちゃんのN君の詩。

 photo Scan-8_zps84d83a58.jpg

現在は3年生のN君ですが、当時1年生の頃に書いた詩だそう。

こういう発想って、なかなか出てこないですよね。
最後の一行でぐっときてしまいました。

これは母親への詩ですが、
例えばこんなラブレターをもらったら・・・・。
アイラブユーと単刀直入に言われるより、
たくさんの気持ちが込められているような気がして
感激しそう。

こんな言葉をプレゼントしてもらえるNikoraさんは
子供達に愛されていて、温かい繋がりを保っているんだろうな。
読んでいるこちらまで幸せな気持ち♪


まだこの世に生を受けて6~7年しか経っていない子供でも、
子供なりに感じた心を自分の知っている言葉で表現する・・・。
シンプルな言葉ばかり並んでいるけれど、
心に響くモノを創り出せる力。
スゴイなぁとつくづく思います。






そのN君とニコール。2006年の夏。

 photo Arjuna--Nicole-a_zpsf43f8c6f.jpg

2人ともこの頃は2歳だったね。あぁ~、とっても懐かしい~(^^)
(そして、日本が、東京が恋しい・・・・)






***************************





さて、最後に”我が家のピカソ”の絵も紹介させてね~ん。






 photo DSC_2189_zps0c53ef29.jpg


・・・相変わらず、なんともエキセントリックな画風なようで(苦笑)



ブログに残すと、成長と共に良い記録になりそうなので、
今後も何の脈絡もなくポツポツ紹介してみます。





[PR]

by tachimayu | 2013-02-07 02:43 | 子育て、家族


<< 黒にんにく      12歳のバースデー >>