2012年 01月 13日
御節2012





今年も御節料理@フロリダ



紅白手綱かまぼこ、田作り、有頭海老の旨煮、昆布巻き、紅白なます、伊達巻。
この辺は柚子が手に入らないので、”柚子釜の紅白なます”ならぬ、
”オレンジ釜紅白なます”となりました(^^:)。・・・まぁ、何事も臨機応変に。






昨日、遅まきながら新年会を我が家にて行いました。

 
 


御節は私が担当するということで、他の方にはご飯もの、デザート、お雑煮などをお願いしました。
おこわ、納豆ちらし、羊羹、焼きプリンなど集まりました。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、一番右下の和菓子の写真の中に
今年の干支の辰が描かれた干支菓子が写っているのが見えますか?
毎年、お正月の時期に日本のご実家から送られてくるという貴重な縁起物を友人が持って来てくれました。



その干支菓子を持ってきてくれたKさんが、お雑煮を担当してくれました。



和歌山出身のKさんの食べ慣れているお雑煮は、白味噌仕立てで焼かない丸餅が入るそうですが、
この日は他の地方出身の4人に合わせてくれたのか、
色の薄いお出汁ベースのお雑煮を持ってきてくれました。
小さな頃から醤油ベースの濃い色のお雑煮に食べ慣れて来た私は、最初は
”もしかして薄味かな?!”とその色から想像しましたが、食べてみてビックリ!!
薄味どころか、こんなにキレイな透明色なのに、しっかりとお出汁の味が出ていて美味しいんですよ~。
上品で優しい味に一同、感動。。。。
かまぼこは入れずに、代りに色鮮やかなお正月用麩を使うそうです。華やかになりました。
ちなみに、このお雑煮に入れたお餅はKさんの手作りです。もっちもちで、これまた美味しかったです。

お雑煮はそれぞれの地方色の出る食べ物だと思いますが、他の土地の食習慣を知るのも楽しいもの。
この日は私を含む青森出身が2名、北海道出身、新潟出身と、日本各地の故郷出身が集まり、
それぞれの土地の習慣を語り合うのも面白いんですよね~。
今度は和歌山地方の白味噌仕立てのお雑煮、ぜひ試してみたいです!(^^)





さて、御節料理の続きです。


これは祝い肴や口取りの入る”一の重”。(一番上の写真のは、焼き物、酢の物の入る”二の重”。)



黒豆、栗きんとん、数の子、たたきゴボウ、牛肉の八幡巻き、そして金柑の甘露煮。







そして”三の重”は、煮しめ。



今年はいつもより品目を少し増やして、全部で13品目作りました。
縁起の良いとされる、”奇数”にこだわって。。。



御節作りは買出しから、準備、下ごしらえ、調理、そして一番大事だと思われる(?)お重箱への
詰め方などなど、一連の流れに手間隙のかかる作業です。
でも、遠く離れた日本を想い、お正月ムードの全くない海外で少しでも日本人として
お正月気分を味わいたい・・・・そんな気持ちだけで毎年頑張っているような気がします。
それにお節料理を作り終わった後の達成感はなかなかのものです(^^)


今年も、親しくしてもらっている友人達と無事に新年会を迎えられたこと、有難く感じています。
(実際の新年会は、抱腹絶倒モノでお腹がよじれそうな賑やかな新年会でしたが・・・^^:)


どうか、今年は良い年になりますように。。。。



[PR]

by tachimayu | 2012-01-13 11:03 | 季節のイベントごと


<< マナティの越冬      2012年明け >>